現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2019年5月29日放送

マレーシア、違法プラごみを日本に強制的に送り返すと発表

マレーシア政府は28日、日本やアメリカなどから持ち込まれた違法なプラスチックごみ、およそ3000トンを強制的に送り返すと発表しました。

使い古されたCDやプラスチック製の牛乳のボトル。28日、マレーシア政府が公開したプラスチックごみは、日本やアメリカ、中国やイギリスなどから持ち込まれたものです。これらはリサイクル可能な資源として輸入されていましたが、実際には飲み残しなどで汚れていて、リサイクルができないものでした。

「電子ごみやプラスチックごみ、どんなごみであろうが我々は送り返します。反撃します。我々は小さな国ですが、先進国に虐げられるわけにはいきません」(ヨー・ビーイン環境相)

マレーシアのヨー・ビーイン環境相は会見でこう述べ、違法に輸入されたプラスチックごみあわせて3000トンを送り返すと発表。プラスチックごみの輸入業者への取り締まりを強化する方針を表明しました。

日本やアメリカなどは、国内で処理しきれないプラスチックごみを輸出してきましたが、最大の受け入れ国だった中国が去年、自国の環境改善を目指してごみの輸入を禁止。新たな輸出先とみられたフィリピンなども規制強化に動いています。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network