現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2018年10月24日放送

微小マイクロプラスチック、日本含む8か国の人の便から検出

日本を含む8か国の人の便から微小な「マイクロプラスチック」が検出されたとウィーン医科大学などの研究チームが発表しました。

マイクロプラスチックは、プラスチックごみなどからできる大きさ5ミリ以下のものを指しますが、今回の研究では、対象の8人全員の便から0.05~0.5ミリ、1人当たり最大で9種類のプラスチックが見つかったということです。

研究チームは、「人間の消化器にプラスチックが到達していることを確認した初めての研究だ」として、健康への影響など、さらなる調査の必要性を訴えています。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network