1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2021年9月2日放送【これまでのオンエア】
池袋暴走事故 90歳の飯塚被告に禁錮5年の判決

東京・池袋で車が暴走し、親子2人が死亡し9人が負傷した事故の裁判で、90歳の被告に対し、禁錮5年の実刑判決が言い渡されました。

妻と娘の遺影を胸に、裁判所に入る松永拓也さん。おととし、東京・池袋を暴走した1台の車によって、妻・真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)の命が奪われました。車を運転していたのは旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)。死亡した松永さん親子の他にも9人がけがをした事故の裁判が2日、判決を迎えました。

飯塚幸三 被告
「アクセルとブレーキの踏み間違えはない」

一貫して無罪を主張し続けてきた飯塚被告。これに対し、検察側は「踏み間違え」が事故の原因と主張。過失運転致死傷罪の法定刑でもっとも期間の長い禁錮7年を求刑していました。

被害者参加制度を使って法廷にも立った遺族の松永さん。「重い実刑判決でないと、遺族は到底納得できない」と意見陳述しました。そして、2日の判決。

裁判長
「被告はブレーキと間違えてアクセルを踏み込み、事故を発生させた。車に異常は認められない」

飯塚被告の過失を認定したうえで「深い反省の念を有しているとは言えない」として、禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

裁判長 説諭
「裁判所の認定に納得できるなら、被害者遺族に過失を認めて、真摯に謝っていただきたい」

判決後、遺族は…

松永拓也さん
「涙が出てきてしまったんですけど、判決が出てしまった瞬間に。これで命が戻ってきたら、どれだけいいことかなと思ったら、むなしさが出てしまったが、遺族が前を向いて生きていけるきっかけにはなりえる」