1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2021年9月2日放送【これまでのオンエア】
東京・池袋の暴走事故 90歳の飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決

東京・池袋で車が暴走し、親子2人が死亡し9人が負傷した事故の裁判で、東京地裁は、90歳の被告の「ブレーキとアクセルの踏み間違え」を認め、禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。東京地裁前からの報告です。

裁判長から禁錮5年の実刑判決を言い渡された飯塚被告は、車いすに座り、うつむいたまま聞いていました。

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)は、おととし4月、東京・池袋で乗用車を暴走させて松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、あわせて9人にけがを負わせた罪に問われています。裁判で飯塚被告は「アクセルとブレーキの踏み間違えはない」などと一貫して無罪を主張し、検察側は「被告は不合理な弁解に終始し心からの反省を拒絶している」として、過失運転致死傷罪の法定刑でもっとも期間の長い禁錮7年を求刑していました。

きょうの判決で東京地裁は「飯塚被告はブレーキとアクセルを踏み間違え、アクセルを踏み続けたと認定できる」として、飯塚被告に対し禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

遺族は、うつむきながら判決を聴き、時折、飯塚被告に目を向けていました。判決の読み上げは今も続いています。