1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2021年9月2日放送【これまでのオンエア】
池袋暴走事故きょう午後判決 90歳の被告に下される量刑の重さは

親子2人が死亡し9人が負傷した東京・池袋の暴走事故の裁判で、きょう午後、90歳の被告に判決が言い渡されます。

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)はおととし4月、東京・池袋で乗用車を暴走させて松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、9人にけがをさせた罪に問われています。

裁判で飯塚被告は、「車の異常だった」などとして無罪を主張、検察側は、「ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故だ」として、過失運転致死傷罪の法定刑で最も期間の長い禁錮7年を求刑しました。また、遺族は、「重い実刑判決」を望んでいます。

判決は、きょう午後2時に言い渡される予定で、東京地裁が、事故原因として「踏み間違え」を認定するかどうかが焦点です。