1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2021年4月27日放送【これまでのオンエア】
飯塚被告「意図しない加速でパニック」 池袋暴走事故被告人質問

おととし4月、東京・池袋で乗用車を暴走させ、親子を含む11人を死傷させた罪に問われている89歳の飯塚幸三被告に対する被告人質問が行われています。東京地裁前から報告です。

車いすのまま証言台についた被告は、ゆっくりとした口調で事故当時について「意図しない加速でパニックになった」と話しました。

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)はおととし4月、東京・池袋駅近くで乗用車を暴走させて、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、あわせて9人にけがを負わせた過失運転致死傷の罪に問われています。

裁判では被告の「過失の有無」が争点となっていて、午後1時半から始まった被告人質問で弁護側は、自宅を出発してから事故にいたるまでの車の運転について質問しました。飯塚被告は「当初はブレーキや車の動作に異常はなかった」「事故現場にさしかかると、アクセルペダルを踏んでいないのにエンジンが異常に高速回転して加速した」「車が制御できないと思い、非常に恐ろしく感じた。パニック状態になったと思います」と証言しました。また、「ペダルをみたら、ペダルが床に張り付いて見えた」と説明しました。

被告人質問は今も続いていて、法廷では亡くなった松永さんの夫・拓也さんも出廷し、飯塚被告の発言をメモをとって聞いています。