1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2021年4月27日放送【これまでのオンエア】
「意図しない加速でパニック」池袋暴走事故で被告人質問

「意図しない加速でパニックになった」。おととし4月、東京・池袋で11人が死傷した事故の裁判。車いすのまま出廷した89歳の被告が語った事故の詳細とは。

おととし4月、東京・池袋駅近くで乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が死亡、あわせて9人がけがをした事故。過失運転致死傷の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)の被告人質問が27日、東京地裁で行われました。

車いすのまま証言台についた飯塚被告。これまで一貫して無罪を主張している飯塚被告は、当時の状況を問われると、“事故の直前に車に異常が現れた”と証言しました。

「アクセルペダルを踏んでいないのにエンジンが異常に高速回転して加速した」「パニック状態になったと思います」「ブレーキペダルはずっと踏んでいた。アクセルペダルが床に張り付いて見えました」

ブレーキペダルを踏んでも車が止まらなかったと強調した飯塚被告。一方、検察側は、“踏み間違えでは?”と繰り返し質問しました。

「アクセルとブレーキを踏み間違えていないか、もう一度だけ考えてください」(検察官)

「私としては一切記憶にありません。認知機能は全く問題なく、運動能力も運転については問題無いと思っていた」

法廷で飯塚被告の発言を聞いていた遺族の松永拓也さんは…

「絶対に自分は間違えていないんだと、よく言えるなと。悲しいとか苦しいを超越して、あきれてしまいますね。そういう人なんだろうなと」(松永拓也さん)

次回、6月21日の裁判では、松永さんが被害者参加人として、直接、飯塚被告に質問する予定です。