1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2021年4月19日放送【これまでのオンエア】
池袋暴走事故から2年 遺族男性が再発防止訴える

東京・池袋で乗用車が暴走し親子2人が亡くなった事故から19日で2年です。事故現場には献花台が設置され、遺族が改めて再発防止を訴えました。

この事故はおととし、旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(当時87)が運転する乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が死亡したほか、9人が重軽傷を負ったものです。

事故から2年となった19日、事故現場の慰霊碑には献花台が設置され、親子連れなど多くの人が花を手向けました。真菜さんの夫・拓也さん(34)は、事故が発生した午後0時23分に現場を訪れ、改めて再発防止を訴えました。

「こんな事は起きちゃいけないですよ。人生も変わるし、日常も失われるし。もっと言えば(交通事故を)ゼロにする社会に、その一助になればというふうに思っています。(2人に)胸を張って生きていくから心配しないでと(伝えた)」(真菜さんの夫 松永拓也さん)

「ここよく通っていて、すごく心痛めています」(献花に訪れた人)

この事故で飯塚被告は過失運転致死傷の罪に問われていて、今月27日の裁判では被告人質問が行われる予定です。