1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2020年12月14日放送【これまでのオンエア】
池袋暴走事故裁判、被告側「ブレーキペダルを踏んだが加速した」

去年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し、親子2人が死亡したほか、9人がけがをした事故の裁判で弁護側は、「ブレーキペダルを踏んだが、車は加速し続けた」と、改めて無罪を主張しました。

旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)は、乗用車で次々と歩行者らをはね、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、9人にけがをさせた罪に問われています。検察側は飯塚被告がブレーキとアクセルを踏み間違えたと指摘していますが、14日の裁判で弁護側は、「ブレーキを踏んだが、車が加速し続けた」「電気系統の経年劣化によって、ブレーキが作動しなかった」と無罪を主張。「飯塚被告はアクセルペダルを踏んでいないのを目視した」とも説明しました。

「果たして、事故までたった2秒とか3秒の間でそんな余裕があるのか、その目視をしたのが信憑性があるのか、非常に疑問に思いました」(遺族の松永拓也さん)

裁判で検察側は、「車に異常は確認されていない」と主張しています。