1万通の手紙 池袋暴走事故が問うもの

2020年10月8日放送【これまでのオンエア】
池袋暴走事故、89歳被告「車に異常」と無罪主張

去年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し親子ら11人が死傷した事故の初公判が開かれ、過失運転致死傷の罪に問われた89歳の被告は遺族に謝罪しながらも、「車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」として無罪を主張しました。

旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)は去年4月、池袋駅近くで乗用車を運転中にブレーキとアクセルを踏み間違え、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、あわせて9人にけがを負わせた過失運転致死傷の罪に問われています。

8日の初公判で飯塚被告は「深くおわびします」と遺族側を向いて謝罪しましたが、起訴内容について問われると「アクセルとブレーキを踏み違えたことはない」「車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」と起訴内容を否認し無罪を主張しました。

一方、検察側は「車のアクセルとブレーキに故障の記録はない」「アクセルを踏み続けたことも記録されている」と指摘しました。

「証拠を見ることができました。私が見たかぎりでは、どう見たって踏み間違えとしか思えない」(妻と娘を亡くした松永拓也さん)

被害者参加制度を利用して法廷に入った遺族の松永拓也さんは公判後に会見し、「謝罪するのであれば罪を認めてほしかった」などと話しました。