【現場から、】平成の記憶


2019年4月9日
初の懸賞金 7つの顔を持つ女

今回は、「7つの顔を持つ女」と呼ばれ、時効直前に逮捕された福田和子元受刑者です。逮捕の決め手となったのは、国内の犯罪捜査で初めて導入された懸賞金でした。

「捕まるんが面白いんやろ」「そんなドジはしない」「危ない、危ない」(福田和子元受刑者本人の肉声)

平成9年(1997年)、1人の女の逮捕劇が全国から注目を浴びました。整形手術で顔を変えながら、およそ15年間、逃亡を続けた福田和子元受刑者です。

事件は37年前に愛媛県松山市で起きました。当時34歳だった福田元受刑者は、同僚のホステスを首を絞めて殺害。同僚の部屋から家財道具などを運び出し、遺体を山中に埋めます。

愛媛県警の捜査一課にいた二宮義晴さん(70)。当時、この場所で遺体の捜索にあたりました。

「今思ったら、こんなところまで来て、よく埋めたなと」(元愛媛県警捜査一課 二宮義晴さん)

事件後、警察は顔写真を公開し全国に指名手配しますが、福田元受刑者は東京都内で顔を整形。偽名を使い、石川県の和菓子店で女将として働き始めます。しかし、5年後、捜査の気配を感じとると、間一髪で逃走。

「直感が働くというのか、彼女に運があったのか」(元愛媛県警捜査一課 二宮義晴さん)

有力な情報がないまま、14年がたち、時効まで残り1年。愛媛県警は勝負に出ます。

「警察協会から懸賞金が支払われます」

国内の犯罪捜査史上初めてとなる懸賞金の導入です。最前線で捜査の指揮を執っていた中井邦彦さん(72)は、当時をこう振り返ります。

「警察の電話回線が報道した後にはパンク。全然つながらない状態。福田和子につながるかなという情報も何件かはあったが、一つ一つ、つぶしていかないと。すぐには解決できない」(元愛媛県警松山東署刑事一課長 中井邦彦さん)

刻一刻と時効が迫る中、事態が急転したのは、テレビで全国放送されたこの音声でした。

「捕まるんが面白いんやろ。楽しみにしてるんでしょうが、私が捕まるの。そんなドジはしない。危ない、危ない」(福田和子元受刑者本人の肉声)

この声に聞き覚えのあった人が警察に通報。時効成立の21日前、14年と344日にわたる逃亡劇は幕を下ろしました。

「堂々としていた。福田和子と話したら、私の顔見て『あなた(テレビで)見たことある』と。ただの人間ではないなと思いましたね」(元愛媛県警松山東署刑事一課長 中井邦彦さん)

その後、無期懲役の判決を受け、平成17年、服役中に病死しました。

「まさか、こんなに15年近くかかると誰も想像しなかった」(元愛媛県警捜査一課 二宮義晴さん)

「警察人生の中でやはり、大きな事件ですから。忘れることのできない事件」(元愛媛県警松山東署刑事一課長 中井邦彦さん)

7つの顔を持つ女と呼ばれ、15年もの間、警察を翻弄し続けた福田元受刑者。犯罪史に残る事件として、今でも多くの人々の記憶に刻まれています。