【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
nakuse.kiken@tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2019年12月6日 放送

警察庁が道交法改正を検討、免許取り消し処分も

あおり運転について警察庁が、道路交通法を改正し、違反者に運転免許の取り消し処分を検討していることがわかりました。

現行の道交法にはあおり運転について直接定めた条文はなく、軽微な交通違反や刑法の暴行罪などを適用して取り締まってきました。

警察庁は道交法を改正し、あおり運転を「通行妨害目的で行う一定の違反行為」と新たに定義、車間距離を保たないことや急な割り込み、急ブレーキを繰り返し行うなどした場合に違反とみなすことを検討しているということです。違反者には、事故を起こしていなくても運転免許の取り消し処分が検討されていて、警察庁は改正案を来年の通常国会で提出する方針です。

一方、危険運転を取り締まる自動車運転処罰法については、法務省が法改正を検討しています。東名高速で夫婦が死亡したあおり運転事故では、車が夫婦のワゴン車の前に割り込んで停車させ、事故が起きていて、これが「危険運転」に当たるかどうか法的な争いがあります。

森法務大臣は6日の会見で「法改正を検討したい」としていて、法務省では後続の車を停止させる行為を、危険運転として明文化することを目指し検討を進めています。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら