【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
nakuse.kiken@tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2018年12月14日 放送

石橋被告に懲役18年判決、横浜地裁

あおり運転が社会問題となるきっかけになった東名夫婦死亡事故で、注目の判決が言い渡されました。横浜地裁は石橋和歩被告に対し、危険運転致死傷罪は成立すると判断し、懲役18年の判決を言い渡しました。

去年6月、神奈川県の東名高速で石橋和歩被告(26)が「あおり運転」の末、停車させたワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん・友香さん夫婦を死亡させた事故。横浜地裁は14日、裁判員裁判の判決で、最大の争点だった「危険運転致死傷罪の適用」を認定し、石橋被告に対し、懲役18年の判決を言い渡しました。

「被告の車の4度の妨害運転により、萩山さんの車は停止せざるを得なかったというべきである。事故現場は高速道路の追い越し車線で、後続車両が追突する可能性は高く、生命・身体に対する危険性は極めて高かったと認められる」(裁判長)

車を止めた行為や萩山さんへの暴行もあおり運転と密接に関連する行為だとして、車を止めてから起きた事故であっても危険運転致死傷罪は成立すると判断したのです。

「家族旅行の帰りに突如その生命を奪われた被害者の無念さは察するに余りある。両親を一度に失った娘ら遺族の悲しみは深く、厳罰を求めるのも当然である」(裁判長)

判決を身じろぎせずに聞き入っていた石橋被告。

「不服があれば控訴することが出来ます。14日以内に裁判所に出して下さい。分かりましたか?」(裁判長)

判決を受け、亡くなった嘉久さんの母、文子さん(78)はJNNの取材に対し、次のように話しました。

「昔の判決の例を聞くと満足しなきゃだめかなと思った。(嘉久さんにどう報告する?) あんたの思いどおりになったよって言おうかなと。この判決で少しでもね (あおり運転が)減ってくれればね」(萩山文子さん)

「本当にただの交通事故じゃないということが分かってもらえたというか、認めてもらえたんだな」(萩山嘉久さんの親友の田中克明さん)

また、萩山さん夫婦の長女(17)や友香さんの父親は・・・。

「私たちの気持ちを考慮してくれた判決で良かったです。ありがとうございます」(長女)

「懲役18年については、いろいろな考え方もあると思いますが、ここに至るまでの皆様のご尽力によるものだと考えますので、私としてはそのまま受け止めたいと思います」(友香さんの父親)

そして、法律の専門家からは・・・。

「私は罪刑法定主義がこの判決の中でないがしろにされたという印象を強く持ちます。裁判員裁判という形をとって、裁判員裁判だから市民は賛成するはずだということを、いわば一種の盾にして、新しい判断を裁判所に言わせたと思う」(高山俊吉弁護士)

「妨害運転と停止行為、その後の暴行行為。一連の行為としてみれば、因果関係を認めるのは当然あり得るべき判断」(高井康行弁護士)

石橋被告の弁護人は控訴するかどうかについて、「判決文をよく検討し、石橋被告と相談して決める」と話しています。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら