【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
nakuse.kiken@tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2018年12月7日 放送

石橋被告に「車が凶器になるとわかっていますか?」

東名夫婦死亡事故の7日の裁判で、石橋和歩被告は、免許を取ってから交通違反を7回、事故を4回起こしていたことが明らかになり、弁護人からも「あなたのような運転をしていたら、車が凶器になるとわかっていますか?」とただされる場面がありました。

7日の裁判では、石橋被告が21歳で免許を取った後、交通違反を7回、事故を4回起こしたことが明らかにされました。7日、法廷で証言した元交際相手の女性は、去年8月までに10回以上もあおり運転などのトラブルがあったとしています。

石橋被告は、検察官の「何で交通トラブルを繰り返すと思う?」という質問に「わからんです」と答えていて、検察官が「何で免許制度あるかわかる?」と問い詰める場面もありました。

さらに、弁護人からも「あなたのような運転をしていたら、車が凶器になるとわかっていますか?」「こんなことが許されたら社会が成り立たないのがわかっていますか?」とただされ、石橋被告は「はい」と答えていました。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら