【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
nakuse.kiken@tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2018年12月3日 放送

被告の車に同乗の女性「頭に血上ると周囲の声聞こえず」

東名夫婦死亡事故の初公判で、事故当時、石橋被告の車に同乗していた女性の証言が明らかになりました。女性は「石橋被告は一度頭に血が上ると周囲の声が聞こえなくなる」などと述べていました。

石橋和歩被告は去年6月、神奈川県の東名高速で萩山嘉久さんと妻の友香さん一家が乗った車に執拗なあおり運転を行い、追い越し車線に停車させた結果、後続の大型トラックの追突を招いて萩山さん夫婦を死亡させたとして、危険運転致死傷などの罪に問われています。当時、石橋被告の車には女性が乗っていましたが、3日に行われた初公判で、この女性の証言の内容が検察側の証拠として明らかにされました。

女性は「それまでも何度も同じことがあった。信じてもらえないかもしれないが、キレていない時は石橋被告は穏やかで法定速度も守る。私はいつまでこんなことをするのとなだめるのに必死だった。石橋被告は一度頭に血が上ると周囲の声が聞こえなくなる」などと述べていました。

また、初公判の中で追突した後続の大型トラックを運転していた男性の証言も明らかになりました。男性は「私が車間距離を十分にとっていれば前の大型トラックが急な車線変更をしてもぶつかることはなかった」「2人のお子さんの両親を奪ってしまい大変申し訳ない。事故のことを考えなかった日は一日もない」と述べていました。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら