【現場から、】なくせ!危険運転

topページへ
nakuse.kiken@tbs.co.jp
情報提供をお待ちしています

※TBS個人情報の取扱いについてはこちら

2018年12月3日 放送

息子亡くした母「あおり運転無くしたい」

東名夫婦死亡事故で、息子の萩山嘉久さんを亡くした母親の文子さんが、初公判の傍聴後に会見し、「あおり運転を無くしたい」と述べました。

「初心にかえって泣いちゃいました。今日は泣かないつもりだったんだけどね」(息子を亡くした萩山文子さん)

去年6月、萩山嘉久さんと妻の友香さんは石橋和歩被告から執拗なあおり運転を受け、東名高速の追い越し車線に無理矢理停車させられた結果、後続のトラックに追突され、死亡しました。危険運転致死傷罪などに問われた石橋被告の裁判が3日から始まりましたが、嘉久さんの母・文子さんは傍聴後に記者会見し、次のように語りました。

「(石橋被告の)顔が全部見えたものだから、泣いた涙で、流れはしないけど、ずっとにらんでいた。真っ正面だからね。本当は顔も見たくないんだけど。望みはとにかく、牢屋に入ってもらいたい。あおり運転を無くしたいんですよ。この人の判決がすごい厳しかったら、怖くてやらない人もいるかもしれない。だから、この子たち命を落としたけども、良いふうになってくれたら私はうれしいなと思います」(息子を亡くした萩山文子さん)

文子さんは今後の裁判で、遺族として意見陳述を行う予定です。


「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。


TBS個人情報の取扱いについてはこちら