今週の一筆
【画像】

03月12日の放送

2050年カーボンニュートラルでも原発新増設には反対 再生エネルギーの活用を!

自民党 柴山昌彦 幹事長代理

対談を終えて

 今回のゲストは自民党幹事長代理で党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟会長の柴山昌彦さん。収録が東日本大震災・原発事故10年目の3月11日だったので、まずはその話題から。「実はあの時は民主党政権で、菅(かん)首相が外国人献金問題で追求されていましたので、国会図書館で河野太郎さんや首相補佐官だった細野豪志さんと、この問題をどう決着させようかと与野党若手で打ち合わせをしていたんです。大揺れしまして、天井の壁が落ちてきたくらいでした。その後は一転して追求をやめ、政府に協力したり、提言をずいぶん出しました。大連立も言われましたが、民主党の中でも反対があってダメになりましたが」

 あれから10年、福島はまだまだ大変。廃炉も40年先とか。「原発との複合災害ですから大変です。やっと使用済み燃料の取り出しが3号機、4号機はできましたが1、2号機はまだ。メルトダウンしたデブリはまだ放射線が高くて取り出せませんし、汚染土壌も積み上がっています。汚染処理水、これも今大きな問題です。空中にあるいは海中に排出する、というところまではいき、菅(すが)首相も『政治が責任を持って決める』とおっしゃっています。地域とのコミュニケーション、トリチウムの世界的基準などの情報の発信などしっかり広報していきたいと思います。さらに先日首相も『福島水素エネルギー研究フィールド』を視察しましたが、これは再エネで福島を立て直そう、という気運が高まっているということだと思います。水素の利活用や、デブリを取り出すロボットを基盤として産・官・学で一緒にイノベーションをしていこう、というわけです」

 2050年カーボンニュートラル宣言で追い風?「政府が作っている日本のエネルギーミックス(電源構成)というのがあります。原発事故後、2018年度では化石燃料が38%、原子力が6.2%、再生エネが17%です。2030年の予測では化石燃料が56%程度、再生エネが22〜24%程度、原発が20〜22%程度と見込んでいます。それが2050年カーボンニュートラル宣言でガラっと変わった。2050年にゼロにしなくちゃ行けない訳ですから、発想を変えてそこから逆算しての数字を出す必要があります。2030年の目標で、化石燃料を少しでも減らすなら再エネ(45%以上)+原発を50%以上にしないと」

 だから今、CO2を出さないからと、原発再稼働や新増設の動きが再燃している?「でも、もはや原発は事故等でコストが莫大にかかることがわかっています。それに今ある原発60基のうち、24基が廃炉になり、また老朽化した原発もありますし、動いているのは現在たった9基。今後も住民の理解が得られるとはとても思いませんので、原発で22%など、とても想定できないと思いませんか?だから再エネ45%以上という数字を提示したんです」

 でも再エネで、本当にまかなえる?「分散型で地産地消のエネルギーというのもあります。安定性が無いとも指摘されますが、うまく地域間で融通し合ったり、コネクト&マネージ、最新のICTでうまく接続できるようになると思います。もちろん水素を使っての蓄電など、とにかくイノベーションが必要です。太陽光発電も今はソーラーシェアリングといってパネルを藤棚くらいの高さにしてその下で農業ができたり、丸い壁に取り付けたり、いろいろ新しいものができています。風力も一押しです。これまでやってこなかったので伸びしろが期待できます。ただ日本にはそんな大きなものを作る技術がないので、部品製造などで地域貢献ができれば、と思っています」

 2050年カーボンニュートラルに向けてのエネルギー計画を着実に進めるために、2040年の目標も作れと提言した柴山さん、「今週の一筆」には「曙光」と書いてくれた。「春です。再エネにとってこれから、明るい光が差してきますように!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:3月12日(金)23:00/3月13日(土)9:30/3月14日(日)0:30