今週の一筆
【画像】

11月27日の放送

「2050年カーボン・ニュートラル」〜次の世代に今の地球を残すためにがんばらなくては!

笹川博義 環境副大臣

対談を終えて

 今回のゲストは環境副大臣の笹川博義さん。環境問題を自身のテーマにしてきただけに、環境副大臣就任直後に、この「2050年カーボン・ニュートラル(2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロ)宣言」が菅総理から出されたことについては「どえらいことだ!」と思う一方、責任の重さを感じたと言う。

 「確かに昨年のCOP25(気候変動枠組条約第25回締約国会議)では化石賞をもらったり、国連事務総長からも厳しい指摘がありました。でも日本はCO2削減を生真面目に、毎年こつこつ(排出量を)必ず下げてきている実績がある。だから、もしかしたら、日本に大きな期待を寄せているのかもしれません。その中での大目標の表明、これで欧米と横一線で協力してやることができるようになりました。国会では『気候非常事態宣言』も採択されましたから、民間も含めて一体となって今後は取り組まなくてはなりません。我々は、次の世代、そのまた次の世代にこの地球をつないでいく、という責任がありますから、『2050年カーボンニュートラル』は大変でもやらなくてはなりません!」

 再生エネルギーを増やして石炭火力を減らせば、とよく言われますが? 「日本でのエネルギーミックスのこれまでの目標では、2030年に再エネが22〜24%程度、石炭が20〜22%程度です。この石炭部分をゼロにしたら全体の電力事情はどうなるか? しかも日本は原子力発電に対する反発がある。ここが一番の問題です。再エネの普及だって自然に負荷をかけないかどうかも考えるときだと思います」

 石炭火力発電所、すぐに全部廃止とはいかない? 「もちろん古いものは退場していただくのは当然のこと。ただ資源小国の日本、あらゆるものを使っていかねば。九州のバイオマス発電所で今、発生したCO2を回収・分離して活用するという実証実験をしています」。原子力発電は? 「一にも二にも国民のご理解をいただかなければならない。あくまでも丁寧に、安全第一でやる。そこは譲れません」

 一方、電気自動車や水素自動車(燃料電池自動車)の使用で脱CO2を図ろうという動きが全世界で始まっているが? 「確かにいいんですが、航続距離や充電施設などコストが高い、などの問題があります。これらは技術が発展すれば解決できるでしょうが、しかし、元になる電気や水素をつくる電源が必要なので、また元の電源構成の問題に戻ってしまう。だから個々の場面での解決ではなく、常にパッケージで考える必要があります」

 でも、次の世代に今の地球を残すためには「2050カーボンゼロ」はやらなくてはいけない? 「そう。環境省としては『重点施策の基本的方向性』で3つの移行を打ち出しています。▽脱炭素社会への移行、▽循環経済への移行、そして、▽分散型社会への移行です。これで持続可能で強靱な経済社会への再設計をしようというものです。一人一人が自分の生活を見直す。たとえばレジ袋やプラスチック製品。今、生活に無くてはならないものですが、海洋プラスチックごみ問題と言われるように、捨てると分解できませんから小さくなって、海の生物や海洋資源に大きなマイナスになる。しかし、これを分別して回収すれば再利用ができる。私もヨーグルトを食べるときの小さなスプーンまで洗って分別して捨てるようになりましたよ! 分散型、今、長崎の洋上で風力発電の実験をやって地元の方達も歓迎していらっしゃいます」

 環境庁発足50年とか? 「公害問題を受けて1971年に環境庁がスタート、その後、2001年に環境省として再スタートしました。環境省にとって50年の節目の年に『2050年カーボンニュートラル』という大きな目標に向けて、よりよい社会を再設計していくというのが我々の役目だ、ということを改めて感じています!」

 時間があったらDVDで映画をみたい、という笹川さん。サスペンスやパニックものが好きだけど、お嬢さんから勧められたゾンビものはさすがにダメだとのこと。「あ、でも『罪の声』は見ましたよ。メチャメチャ面白かった! 小栗旬ってうまいですね〜!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:11月27日(金)23:00/11月28日(土)9:30/11月29日(日)0:30