今週の一筆
【画像】

11月20日の放送

尖閣対応、海保と米コーストガードの共同訓練という手も?

自民党 長島昭久 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、元防衛副大臣の長島昭久さん。米大統領選挙でバイデン元副大統領が当選確実になり世界が大きく変化しようとしている今、日本の安全保障をどう考えるか聞いた。

 バイデンさんになったら米国の外交はどうなる? 「バイデンさんは下からの積み上げを大事にする人。同盟・協調を大切にする、外交もいわばノーマルなものに戻るだろう。ただし、半分近くの人がトランプ大統領の孤立主義を支持した。上院も共和党が勝った。一方では民主党内に社会主義的左派を抱えている。舵取りは難しいだろうが、逆に上院の拒否で中道的な人事になるだろうから、絶妙のねじれ、と言う人もいる」

 中国にどう対応するかも注目されている。「コロナ後、いち早く経済回復。なおかつ、コロナ禍でも軍事を増強、活動を活発化させている。南シナ海の基地、香港、台湾、尖閣等々。しかしオバマ政権の繰り返しをバイデンさんがやるとは思えない。バイデン政権入りを噂されている外交関係者が揃って中国を批判しているし、米国全体がそうだから」

 一方、経済関係がある。「米ソ冷戦時代は二国間の貿易関係は90億ドル、しかし今は、米中間は5000億ドルを超えている。トランプ時代はサプライチェーンの再編、などと言っていたが、一方では情報通信、半導体等、技術関係は厳しく遮断。実際にはデカップリングはできない。だから米・日・欧ときちんと協力して、どの製品・品目・分野で貿易OKというルールを今のうちに決めなければ。でないと思わぬところで制裁にかけられるということになってしまう」

 日米安保も変わる? 「トランプさんは安保に余り関心がないから駐留経費4倍!なんてふっかけてくる。しかしバイデンさんは『同盟国との協調を重視する』。ということは、『オレに任せろ!』ではなく『一緒にやろう!』。つまり『役割、責任をどう分担してくれるか?』ということになる。私はずっと前から『アメリカから言われてそれを日本側が値切る』という日米関係は不健全だ、と言い続けている。今こそこれを戦略的にやらねば」

 日米同盟はタテ(防御)とホコ(攻撃)の関係と言われるが、これも見直すべき? 「守りだけに徹して本当に日本国民を護れるのか? 矛(ホコ)の議論をする必要がある。本当の矛(ホコ)とは核兵器を中心とする徹底的に敵を壊滅する力だと思う。これは当然、米に委ねなければ。しかし、現在のミサイルの進化に対しては、ミサイル阻止能力=相手が撃とうとしている所に盾(タテ)を突き出して押さえる必要があるのでは? そういう意味で盾(タテ)と矛(ホコ)の概念を再定義するときだと思う」

 尖閣の対応は? 「中国海警のあの活動を見ると、最後には尖閣に施設や上陸させる覚悟をしなければならないかもしれないが、その前に、まず、海保とアメリカのコーストガードのあの周辺での共同訓練とか、海自と米海軍の共同訓練などをやってみてもいいのでは? ただし日本からギアを上げてはダメ、あくまでも中国がギアを上げてきたらそれに対抗措置を取る。そのための戦術を常に作っておかねば。それから、いざという時の海保から海自へのスムーズな連携ができるように法律も作っておいた方がいいですね」

 日米だけではなく、他国との協力も必要? 「もちろん! だから今回、日・米・豪州・インドの外相会談で協力関係を強化したり、共同演習は重要。とくにコロナ禍でも豪州のモリソン首相が来日して、経済・安保関係強化を盛り込んだ共同声明を発表したのは喜ばしい方向ですよね」

 民主党の中で安保関係の論客としてならした長島さん、6月に自民党入りして次回の総選挙では東京18区に選挙区を移して戦うことに。忙しい毎日だが、今、夢中になっているのが「太平記」。NHK・BSで再放送している日曜の朝はTVにかぶりつきだという。「自分と重ね合わせて見ているのかもしれませんね。どちらかというと足利尊氏かな?」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:11月20日(金)23:00/11月21日(土)9:30/11月22日(日)0:30