今週の一筆
【画像】

03月20日の放送

自民党のおじさん政治を壊す!

自民党 稲田朋美 幹事長代行

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党幹事長代行の稲田朋美さん。去年3月に「女性議員飛躍の会」という議員連盟を作り精力的に活動、今回のコロナウイルス感染問題でも一斉休校対応についていち早く要望書を出している。

 「シングルマザーの方などからいろいろお話を聞いて、給食費が大変だとか、母親だけでなく父親も子どもたちの面倒を見てくださいとか、女性ならではの視点でいろいろ要望を出しました」

 この会が注目されたのは、それまで改正できなかった「ひとり親控除」を昨年末の税制改正大綱に入れたことですよね。「そう。1人での子育ては、結婚していたとか未婚のままでふしだらだとか、離婚か死別かなんて関係ないんです。それで差別されるなんておかしいですよね。でも『伝統的な家族観が壊れるから』と散々言われました」

 同じようなことを昔、稲田さんも言われていたことがありますよね。「今でも、私、家族は大切なものと思っています。ただその『伝統的な家族』からはみ出した人、入りたくても入れなかった人を排除するような制度はなくしてほしい、という強い思いがあるんです」

 なぜ考えが変わった? 「防衛大臣を辞任した時に思いました。もちろん私に反省すべき点たくさんあったんですが、それまで順調に来ていたのがペシャンコになったんです。原則というものからはみ出すというのがどういうことか、他人事ではなく自分事としてわかったんです。『政治は男のもの』『女性は例外的な存在』って考えられているって。自民党は見渡す限り男性!女性議員は7%! 支援者のところに行っても話をするのは男性相手で、女性は台所で食事を作っている。党員の40%は女性なのに! でも、ひとり親の議論の時、若い方たちをはじめ柔軟な発想の方たちが応援してくれた。『自民党のおじさん政治を壊す!』ということにつきるんじゃないんですか?」

 女性政策要望の1つが「性犯罪にかかる刑法改正についての要望書」。なぜ今これを?「平成29年の改正の見直し時期が今年なんです。一方、去年、これに関してどうしても理不尽な無罪判決が4件も出た。父親が娘をレイプする。また、ぐでんぐでんに酔わせた女性をレイプする。それが無罪!おかしいでしょ! いくつか提言しました。まず『公訴時効の撤廃』。訴えるまでに気持ちの整理や自分自身が成熟するなどのことがないと訴えられないんです。20歳でも30歳でもダメで、40歳になって初めて言えた人もいるんです。もちろん証拠の問題などありますが、撤廃してほしいと思います。性同意年齢の引き上げ。現行は13歳となってますが、小学校を卒業したばかりの年齢ですよ! それから今は対象が『現に監護する者』になっていますが、これでは大体が父親のみ。祖父や兄弟、それから教師やスポーツの指導者などの行為を問えない。性犯罪、こういうケースがとても多いんです。それから要件が厳しすぎます。裁判官の裁量の範囲でが広すぎ、裁判官の考えに左右されてしまいますので、撤廃や要件緩和が必要です。海外では不同意のみで立件と言うところ多いんですが、これは立証が難しい。さらに教師の性犯罪。教師は公務員ですから、免職にしたらそれで終わり。立派な刑事犯罪なのに刑事告発したのか、結果はどうなったか、文科省は把握していません。これはいじめも同じ。傷害罪でもあり、脅迫罪・暴行罪でもあるのに、何もやっていないんですよ」

 選択的夫婦別姓問題も長く店ざらしですね。「私自身も反対の論陣張ったこともあるんですが、でも人生100年時代、いろんな結婚の形が出てきている。60代の結婚も珍しくない。国会議員も本名でしか当選証書がもらえないんです。どちらの名前を使ってもいい、だから平等だというのは違います。実質的には男性の姓がほとんどですから」

 稲田さんはこう続けた。「アベノミクスでたくさんの女性が働くようになりましたが、結婚していったん離職したら、実態は非正規が大半。本当に女性の力を活かそうとする今の時代の方向とは違うんじゃないですか? 今後の雇用・働き方改革のキーワードは『女性』じゃないかと思いますよ!」

 あいかわらずランニングを続けているという稲田さん。「今朝も10キロ走ってきましたよ。週4回くらいかな。『コロナウイルスを吹っ飛ばせ!』ですね。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:3月20日(金)23:00/3月21日(土)9:30/3月22日(日)0:30