今週の一筆
【画像】

02月14日の放送

新型コロナウイルス感染、医療面だけでなくトータルに生活支援・心の支援が必要!

公明党・伊佐進一 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは公明党財政金融部会長の伊佐進一さん。衆院厚生労働委員会委員でもいらっしゃるので、まずは今回の新型コロナウイルス感染問題について聞いた。

 「公明党はHPに皆さんの声を聞いてそれを政府にお届けする、というページを設けているんです。クルーズ船に乗ってらっしゃる方からも投稿をいただいていますし、一般の方からいろんな懸念もいただいてます。もちろん厚生労働省の方は一生懸命やっていらっしゃいますが、医療が中心で限界がある。それで省庁横断、民間も含めて、生活支援、心の問題等の部分でもっといろいろできないか、と政府に働きかけています」

 院内感染が疑われるので、これ以上、広がらないためにも陰性の人はすぐに下ろした方がいい、という意見もありますが? 「いえ、陽性の人に濃厚接触をした可能性のある人は、必ず潜伏期間の14日間の経過観察期間をとる、というのが基本なんです。これはWHOの考え方でもあります。14日が経過したらPCR検査を2回やってやっと下船、ということになります」

 ただ二次感染・三次感染も起こっているようなので、早いところPCR検査をやって安心したい、と考えているのでは? 「その質問もよく受けます。でも、二次・三次感染者の濃厚接触者はさらに経過措置が必要かもしれませんが、それ以外は基本的には2週間が過ぎれば、2月18日ですか、そこで2回PCR検査を受け、陰性ならば下船できます」

 そのPCR検査の機器が足りなくて全員検査ができないのでは、という疑問も? 「いや、もう全員検査の態勢はとれています。民間の力も借りて、ですが。実は今、我々も『マイクロ流路型遺伝子定量装置』を使ってくれと申し入れています。これだと、これまで判明するのに4〜6時間もかかっているのが5〜10分でできるんです。ただ1つにはまだ医療用の認可がなくて、研究用としての使用なんです。今回のケースだと十分に研究の対象となりますので、公明党から政府、厚労省にお願いして、すでに新型コロナウイルスのRNAがこの会社に届き、一刻も早く使えるように試薬の開発をやっていただいています」と同時に、経済面での影響がとても心配だという。中国・武漢は自動車産業が中心で、部品を作っている中小企業がどうなるか、注意深く見ていかねばと言う。

 公明党では少子高齢化時代に向けて『2040年委員会』というのを作ったというが、なぜ、今、これを? 「政府でも『全世代型社会保障会議』を作り、昨年、中間報告が出ましたが、でも子育て支援が入っていなかったり、年金受給開始年齢が75歳まで引き上げとか、対処療法ばかり。2040年は今の若い世代が引退する時期。それまでに抜本的な改革が必要だという認識で若い人たちが議論していたんですが、今回、正式に委員会になったんです。それには全体的な観点が必要だと、▽全世代型社会保障▽成長戦略▽財政健全化▽少子化対策・人的投資▽地域社会共生と5つのチームを作り、主査は皆、若手議員。私は財政健全化チームの主査を務めています。給付と負担、どういう世代のどういう人たちにどう給付をし、どう負担をお願いしていくか。政府は2025年度にはプライマリーバランスの黒字化を目指していますけど、本当にできるのか、我々はここからしっかりと考えていこうと思っています」

 もうひとつ、新たに党に「広報企画会議」というものを作ったとのこと。「公明党はどんな党? とよく聞かれるんです。我々の目指すのは中道左派リベラル。強みは地方議員が一番多い党としての地域との連携。地に足の着いた政策を作れると思っています。それを右だ左だと奇をてらうことなく、地味に発信していきたいと思っています」

 趣味は? と聞いたら「ピアノ! 大人になってから始めたんだけれど、上級コースになぜか入ってしまい、年に1回、発表会があるんです。前回はベートーベンの『悲愴』、その前はドビュッシーの『月の光』を弾きました。で、グランドピアノまで買っちゃいました!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:2月14日(金)23:00/2月15日(土)9:30/2月16日(日)0:30