今週の一筆
【画像】

11月22日の放送

安倍政権あと2年、国民の不安解消のためにも10兆円の補正予算を!

自民党 世耕弘成 参院幹事長

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党参院幹事長の世耕弘成さん。まずは今話題の「桜を見る会」「前夜祭」問題から。

 「5000円では安すぎるとか言われるが、立食だから、相対で数を減らしたり腹持ちのする安いモノ出したりしてできるのではないか。桜を見る会は長く続いてきたから、慣行であたりまえのように思ってきたところがある。内閣府から推薦要請をしても、伝言ゲームのように議員のところまでくると、それが招待ということになっていたり。とにかくここでいったん立ち止まって見直そう、と中止を決めた。学者や企業の社長さん達だけになっても困る。自治会とかボランティアの人達も参加できるように、地方自治体の推薦というやり方もあるのでは?」

 安倍首相の在任期間が憲政史上最長になった要因は? 「第二次安倍政権で官房副長官になったとき、1年持つとは思わなかった。一日一日必死でした。それが良かったのかも。それに政権の中枢プレーヤーが第一次政権の失敗と反省・悔しさを共有していたこと。だから1つに結集していろいろできた。経済・外交、それにいち早く格差問題・少子高齢化対策など野党がやりそうなことにも手を打っていったことも、政権が長く続いたファクターだと思います」

 キャッチフレーズばかりで結果が出ていないとの批判もあるが? 「いや、これをやる、あれをやると言わなければ物事は動いていかない。一億総活躍・地方創生、動いていくことで結果が出てくるんです。大ホームランは出ていないかもしれませんが、前進はしているんです」

 官僚の忖度、官邸一強の弊害という声もあるが? 「でも、政治改革は官僚主導から政治主導へというのが目的だったわけですから、安倍内閣はそれをやっているんです。内閣人事局だって、好き嫌いで人事をしているわけではなく、内閣の方向性にあった行政をしてくれる人を選んでいるわけです」
 
 党参院幹事長としての心構えは? 「参議院は自民単独過半数ではないので、まずは公明党やそのほかの党との理解を得て丁寧な国会運営に努めていかねば」

 憲法改正、安倍さんは今国会に、入り口の国民投票法改正まで行きたいと思っているようだが? 「衆院から送られて参院で成立させてくれと言われても、そうはいきません。衆院は自由討議が行われていますが、参院はまだ1回も開かれていません。憲法改正は静かな状況の中で、野党にも出てきてもらって議論をスタートさせることが重要。安倍総理がやりたいと言ってもやれることではありません。国会が発議することですから」

 補正予算、世耕さんは早々と10兆円と発言されたが? 「世界経済が不透明な中、消費税を上げた。災害も相次いだ。そんな中での補正予算ですから重要です。そのほかにも、たとえば量子コンピューター、5G等々、米中が争っている中、日本は何周も遅れています。国土強靱化、経済強化のメッセージを出す必要があると思います。だから10兆円、しかも真水でなんです」

 しかし、財政再建派は、ばらまきと反対だが? 「アベノミクスで第2の矢・財政出動を安倍政権は実は発足直後の2013年1月の補正、1度しかやってないんです。常に財政規律とのバランスを考えていますから。あと2年しかない中、ここで第2の矢を出動させて仕上げに入ろう、というわけです」

 「不安に寄り添う政治のあり方勉強会」を立ち上げた世耕さん、なぜ? 「政府で『全世代型社会保障会議』を作りましたが、あれは制度論の話。実態は全く違いますし、政治家もそれを自分事として考えてこなかった。今、実際に地域を回って実態を見て、話を聞いて、ここをどうにかしなきゃとつくづく感じています。安倍さんの残り2年、国民の不安を解消することをやってほしい」

 次の総理は? 「まだ、この国のデザインをどうするか、という考えをどなたも出していない。このまま強いリーダーシップで行くのか、がらっと変わって『和の政治』を目指すのか。いずれにせよ次の人は大変だと思います」

 少し自由に時間を使うことができるようになったという世耕さん、何をしたいか聞いたら「旅行! これまでは出張ばかりだったから。ワインの産地なんていいなあ。昨夜も妻と2人で1本空けてしまった。かみさんもワイン好きなんで!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:11月22日(金)23:00/11月23日(土)9:30/11月24日(日)0:30