今週の一筆
【画像】

10月25日の放送

幹事長がしたためた揮毫は「花よ、愛をありがとう!」

自民党 二階俊博 幹事長

対談を終えて

 収録を前に、二階幹事長がしたためたのは「花よ、愛をありがとう」との文字。
 意味合いを尋ねると「そのままだよ」とのこと。

 そういえば、二階幹事長は20年ほど前、担当記者だったころ古代蓮の一種である「大賀ハス」について、「戦後、東大グラウンドから3粒の種が見つかったんだ。2000年の眠りから覚めた神秘の花なんだよ」と語り、世界でゆかりの場所に草の根交流として広めていると語っていました。

 東日本大震災を受けて、復興のシンボルとして「ひまわり」を全国に咲かせ、日本全体を明るくしようと、種10万個を全国に配布していたことも思い出しました。花の種を使った、このキャンペーンはその後、何年も続きました。二階幹事長は、つながりを広げる「花」への思い入れがあるのだろうと思いました。

 番組の中では、「即位礼正殿の儀」に始まって、近く習近平国家主席に会う予定であること、そして「衆議院解散」「ポスト安倍」と、縦横無尽に忌憚なく語っています。どうぞご覧ください。

【画像】

石塚 博久(いしづか ひろひさ)

東京都足立区生まれ


 1986年、日本経済新聞社入社。大阪本社証券部、名古屋支社(愛知県警、名古屋市役所担当)を経て、90年から東京本社政治部。官邸クラブ(海部政権)、野党クラブ(社会党土井委員長、田辺委員長)、平河クラブ(自民党竹下派担当、92年竹下派分裂など)等を担当。

  1996年TBS入社。政治部で新進党クラブ、平河クラブ(自民党橋本派担当)、外務省(田中真紀子外務大臣)等を担当。その後「筑紫哲也NEWS23」ディレクター、デスクを経て、「時事放談」を制作プロデューサーとして立ち上げ。現在、TBS報道局政治担当解説委員。

著作:「官僚」(共著)新聞協会賞受賞

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:10月25日(金)23:00/10月26日(土)9:30/10月27日(日)0:30