今週の一筆
【画像】

10月18日の放送

政治家は考えを実現するのが仕事。連立を続けます!

公明党 北側一雄 副代表

対談を終えて

 今回のゲストは、公明党副代表の北側一雄さん。10月5日に自民、公明両党が連立政権を組んで20年を迎えたので、まずはその話題から。

 「政治改革で細川連立政権ができて以来、ずっと連立政権が続いてきた。『自社さ』なんていうのもあったが、みな長続きしなかった。そして金融危機の後、1999年にぜひ政権内に入ってくれと小渕政権から言われ、自民・自由・公明(自自公)の連立政権に。それからまたいろいろあって、最終的に自公政権になって今に続いている」

 「平和の党」といわれたが、大分変わったのか? 「いや、何もしないで『平和の党』と言っているだけでは平和にはならない。我が党は国際協調、国際社会の平和を願っている。一国の平和でなく国際社会の中でどう各国の平和と安定を確保していくかが大切。日本だけ平和であればいい、ということではない。イラク特措法でサマワに自衛隊を派遣した際にも神崎代表(当時)が政府の反対を押し切って、現地で自衛隊員が無事に活動できることを確認してから賛成した」

 でも、安保法制では反対が多く、「公明党は変質した」「どこまでもついて行きます下駄の雪だ」と言われて、離党者もずいぶん出たが? 「安保法制が成立する前の1年間、担当者として党内でも議論、自民党ともずいぶん協議しましたよ。その前に集団的自衛権を再考する総理の私的懇談会『安保法制懇』があって、全く違った結論が出ていたが、公明党と協議をして安倍首相自ら『政府は安保法制懇の考え方はとらない』とおっしゃった。安保関連法は我々の意見が相当、反映されています」

 「福祉の党」としては? 「先日、話題を呼んだ『年金改革法』。あれも坂口厚労相と一緒に政調会長として作った。5年ごとの見直しではだめ、100年安心ができるように先を見越して、給付と負担の関係を見直し、保険料の上限を明確にし、給付も50%以上を確保するということを明記した。『社会保障は内政における最大の課題』、これは与野党なく、しっかりと共有して解決しなくては。消費税や軽減税率等々、政府側が考えていたものを変更したり、付け加えたりしてきました」

 連立を組んで良かったか? 「自分の思いを実現してはじめて政治家。主張するだけなら誰でもできます。そういう点では、児童手当の拡充や軽減税率など我々の主張が実現していると思います」

 欧州視察に行かれたと聞いたが、憲法改正はどうする?どうなる? 「海外視察の報告はしなきゃいけません。意見交換も。これには野党も反対しないでしょう」

 しかし、国民投票法改正を巡っても野党は反対しているが? 「改正案は投票者の利便になるものばかり。ただし、それにテレビの影響力が大きくなる中でCMを公平の立場から規制した方がいい、ほかいくつかの点を一緒に議論した方がいい、というのが野党の意見です」

 改正項目についての議論までとても行きそうにもないが、自民のイメ−ジ素案のうち、自衛隊の明記については? 「1項2項はそのままで、つまり自衛権の範囲はそのままにして自衛隊だけを明記する、というわけですね。その意図そのものは理解できないわけでもないが、災害対応などで頑張ってくれている自衛隊を違憲だという国民は極めて少ないと思う。あえて改正する必要があるのか? また書きぶりで拡大解釈されることはないか。そこはよく議論しないと」

 合区解消問題は? 「高松地裁で選挙の無効はなかったが、違憲状態という判決が先日出た。しかし衆参とも国民の代表と憲法に書いてある以上、これは1票の格差の問題。判決は3倍以内とあるが、我々は2倍以内であるべきだと思っている。どうしてもというのなら衆参の関係から考えないと。ともあれ、憲法審査会は国会の常設の委員会。早く議論を始めなければ」

 趣味は? と聞いたら「古代史!考古学!」。地元には仁徳陵もあり、発掘などの後の説明会によく行くそうだ。「卑弥呼や聖徳太子の話など文字がないだけに面白い! 東京での『正倉院展』は毎年観に行くんですよ!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:10月18日(金)23:00/10月19日(土)9:30/10月20日(日)0:30