今週の一筆
【画像】
【画像】

03月01日の放送

米朝首脳会談 不調は残念な反面、なし崩しの経済協力をしなくてよかった

自民党 山本ともひろ 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党国防部会長・前防衛副大臣の山本ともひろさん。まずは、不調に終わった米朝首脳会談について。

 「米・北朝鮮とも想定外の結果だったのではないか。通常の積み上げ外交ではなく、トップ会談でなら、と両者とも過信しすぎて、お互い相手がおりてくるだろう、と思ったのでは。ただ、これまで全部一人で会見などをしてきたトランプ大統領が、『今回はポンペオ長官と二人で決めた』というのが目を引いた。でも、北朝鮮にだまされるな、とずっと言い続けてきたから、不調は残念ではあるけれど、なし崩しに経済協力をしなくて良かったと思っている。それに日本は核・ミサイルの他に拉致問題がある。トランプ大統領が二度言ってくれたそうだが、安倍首相も『今度は自分が直接』とおっしゃっているように、国会議員一致団結して、早く解決しなければ」

 今日3月1日は韓国の日本からの独立運動記念日、しかも100年目。このところ日韓関係の冷え込みが目立つが? 「北朝鮮に式典の招待状を送ったけど参加しなかったんでしょう? 北と南の温度差がわかりますよね。北はむしろ中国だから。ただ。文大統領も朝鮮半島の平和のために日本との協力を強化する、とも言っているんだから、お互い努力をしなくちゃ。レーダー照射事件などで海軍同士も悪くなったが、でも、例えば拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)での演習、日本の海軍は釜山での参加を見合わせたが、結局、釜山からシンガポ−ルでの海上演習もなくなってしまった。これは領海の問題が複雑で、結局、日韓だけでなくASEAN各国もいろんな問題を抱えているというのがわかる。しかし、軍隊が衝突してしまったら、それこそ取り返しのつかないことになるので、ここは慎重に各国との連絡網を作っていく」

 中国の台頭等、この地域のパワーバランスの変化で防衛大綱・中期防の内容は変わった? 「宇宙・サイバー・電磁波等、領域の広がりに対応するために、これまでの陸・海・空というのではなく『多次元統合防衛力』とトータルで迅速な対応がとれるように変えた」

 「いずも」の空母化、攻撃型に、と言われるが? 「とんでもない。実は今、太平洋が手薄。アメリカが支配しているわけだから安心していたが、現在、中国がどんどん太平洋へ進出してきている。それらに対応する、という考え。攻撃型にするには護衛艦や戦闘機・整備体制等が全く足りない! だから空母ではありません! 空母一つで何ができる時代でもないし・・・」

 今年も国防部会長として国民の生命と安全を守る防衛政策をしっかりやっていくという山本さん、地元のボーイスカウトといまだに活動をしているという。ただ、時間がなくてキャンピングがなかなかできないのが残念とか。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:3月1日(金)23:00/3月2日(土)9:30/3月3日(日)0:30