今週の一筆
【画像】
【画像】

10月05日の放送

ティーチャーからファシリテーターへ! AI・IoTを使いこなす教育を!

林芳正 前文部科学大臣

対談を終えて

 今回のゲストは、今回の内閣改造で離任なさったばかりの林芳正前文部科学大臣。

 「文科省で14か月、確かにいろいろなことがありましたが、本業を疎かにしてはいけない、と常に心がけて仕事をしてきました。資源と面積が必ずしも国力と結びつかない今、人材を育てる教育が、どの国においても最も大切なものだと思っていますから」

 9月にアルゼンチンで開かれたG20教育大臣会合に出席と聞いたが、各国いろんな悩みが?

 「それが、経済発展の度合いが違う国々ですから、その差があるかと思っていたら、全く逆で、皆同じことを考えているのでびっくりしました。昔だったら、発展とその課題は先進国から起こっていました。でも今は、AI・ロボット・IoT。どこの国でも課題は同時に起こるんです。例えば、ガラケーを知らずに、一段階飛びこえてスマホに、と言った具合に。そして、知識を詰め込むという教育の重要度が下がる。知識はグーグルでひけばいい。ただし、何をひくかが分からないとひけないし、アルファベットを知らなければ英語の辞書はひけない。ディベートをしてまとめたり、コンセンサスを作る力、創造的な企画を生み出す力、こんなところは人間の力が必要です。“Society5.0”に向けて、と今、言っています。革命を4回やると社会が5になる。狩猟社会から農業社会へ。次に産業革命、その次はコンピューターが出てきて情報革命、そして今やAIの出現で“Society5.0”へ、なんです。しかも狩猟社会から農業社会まで1万年かかっているのに、今は一人の人生でSociety4.0とSociety5.0を経験するスピードです。6歳で入学して20歳そこそこで大学卒業して社会へ。その社会をどう描いて、それに対応する教育をどう構築するのか、大変難しい課題です」

 「アルゼンチンでの会合では『ティーチャーからファシリテーターへ』という討論をしました。ティーチャーは知識を伝達する人。それに対してファシリテーターはいわば司会者。ディベートをさせて、議論のグレードを上げていく。そのスキルのない人がやるとディベートがぐちゃぐちゃになってしまう。そういうスキルを持った先生が必要だ、という点でも一致しました。生徒の方が進んでいるというケースもたくさんありますからね」

 「予算ももちろん必要です。でもどこに、どれくらい、どんなふうにかけるかはその国によって違いました」「中学校を卒業して5年間の工業専門学校。これが日本の物作りの基礎だ、と東南アジアの人たちには言われていますし、中東では、日本で実施されている“みんなで掃除や給食当番をすること”が『まとめる・一致団結』の秘密だと言われていまして、EDU-Portニッポン(日本型教育の海外展開事業)といってノウハウを輸出しています」

 今回は教育大臣・雇用担当大臣の合同会議も開かれたとか。「人生100年時代。これまでは教育20年、働く40年、老後20年だったのが、100年となると老後が40年! 当然、働き方も学びの仕方も変えなければならない。教育も雇用も一緒になって考えなければなりません。好きなときに好きなように学ぶ、それがリカレント教育なんです」

 「それから今考えているのは、1人1人の個別の教育。つまずくところはそれぞれ別。それぞれの学業データに基づいて、つまずいたところだけ直してやれば前に進めるし、逆に飛び級も可能。AIを使えばできます。教えるのは優秀な教師が遠隔からやって、その場の先生はファシリテーター役をすればいい。データのプライバシーとかまだ課題はありますが、概算要求でモデル校の設置を要求していますので、これも実行していきたいですね」

 今後もこの分野をサポートしていきたいという林さん、趣味は? と聞いたら、「楽器演奏!」。中学時代から始めて、今も「GIINS」というバンド名で活躍。他には? と聞いたら「そうねえ、これも中学からはじめたテニス。でも大臣になってからやってないから、これからはできるかな?」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:10月5日(金)23:00/10月6日(土)9:30/10月7日(日)0:30