今週の一筆
【画像】
【画像】

09月21日の放送

「対決も解決も」 法的には民主党を継いだ唯一の政党として、票をいれたことを後悔させない政党にします!

国民民主党 玉木雄一郎 代表

対談を終えて

 今回のゲストは、国民民主党新代表の玉木雄一郎さん。民主党から現在の国民新党まで離合集散を繰り返してきたが、今回の代表選は、野党をまとめていく大切な一里塚だったと言う。

 「確かに、これだけ政党がいろいろ変わるとわかりにくいと思いますが、我々はある意味、法的には民主→民進→国民民主とまっすぐにつながっている政党だと思っています。希望は組織決定して移った政党ですから」

 でも、何をする政党かわからないという声が相変わらずだが、具体的には? 「例えば経済。代表選でアベノミクスではなくコドモノミクスを訴えました。一番の問題は消費が伸びないこと。つまり所得が伸びていない。家計所得の中央値はこの20年間に120万円も下がっている。将来不安は高齢者だけではない。子育て世代も同じ。だから子育て支援の抜本的改革として、第三子以降に、1人あたり1000万円支給を打ち出した。もちろん第一子、第二子への支援も当然十分にして、不妊治療も保険適用を拡大した上で、さらに、第三子産んでも大丈夫ですよ、という思い切ったメッセージにしたんです。財源ですか? 希望者は16〜17万人くらいいますから1.6兆円くらい必要です。例えば前から言っている『子ども国債』。未来に対する投資ですから、受益者が先に受給して、大きくなったらそれを返せば良い。一方、高齢者の方に対する給付はしっかり税金や保険で手当てをする。こういったメリハリをつけた考え方が必要だと思います。もう一つ、今、企業の内部留保はなんと446兆円。ここに課税を、と一部やっていますが、でも最終的には二重課税の問題になる。私はこのうち、1000分の4を企業負担として求めたい。今、すでに人手不足。長い目で見れば本当に人がいなくなる企業が出てくるはずなので、企業負担を求めてもいいのではと思います。現にフランスでも第三子以降に企業負担を充てて出生率が上がっています」

 外交は? 立憲民主党の枝野代表が訪米したが? 「もちろんサンダース氏等、野党の方と会うのも大切ですが、私はやはり政府の中枢に会って、同盟国の一員として、例えば自由貿易が大切と明確に言いたい。特に地位協定の改定を強く言いたい。国務省関係者にその話をしたら『運用の改定は言われた事があるが、本体の改訂は言われたことない』と言っていたので。政府与党としては言いにくいことを言うのが野党外交だと思っている」

 原発問題は立憲民主党と立ち位置が違うのでは? 「我々2030年代に原発ゼロ、と言っているが、しかし廃棄物の処理をどうする? 立地自治体の補助金や雇用は? 世界最高水準の原発を動かしながら、その稼いだお金で廃炉費用をまかなうというのが現実的な考えでは? 今すぐにゼロにしたときに、廃炉費用を電気料金でやるのか、税金でやるのか? ともあれ、立憲は法案という形を出しているのですりあわせをしたい」

 憲法9条は? 「自衛隊、という名前だけ書き込んでも、何ができるのかを限定しなければ、行動範囲が無限に広がるか、政権によって伸び縮みしてしまう。極端に言えば、『個別的自衛権しか行使しません』と書いて憲法で縛ってもいい。でも、絶対に議論をして国民の皆さんに知ってもらうことが必要です。議論ができなければ、逆に多数の与党にいいようにやられてしまいます」

 新体制になったが、今後は? 「落ち着いて安定しています。地元のうどん屋に例えますと、美味いうどん屋は流行ります。でも他店のケチだけつけている店はダメ。より美味しいうどんを出す。自民より良い政策・良い理念を示すことが大事。『対決も政策も』です。政権与党と対決するのは当たり前ですが、しっかりと解決策を出すことも大切ですから」

 迷ったときにはまず動いてみるようにする、と言う玉木さん。だから今、YouTubeに登場したり、歩き回ったりして支持率アップに汗をかく。「初めての選挙の時を思い出しました。来年は政権交代10年。法的には民主党を継いだ唯一の政党として、票をいれたことを後悔させない政党にします!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:9月21日(金)23:00/9月22日(土)9:30/9月23日(日)0:30