今週の一筆
【画像】
【画像】

07月15日の放送

与党で3分の2の結果は非常にバランスのとれた数字!

法政大学大学院 白鳥浩 教授

対談を終えて

 参院選が終わってまもなく1週間。関心はもう都知事選に移っているようだが、今回は法政大学大学院の白鳥浩院教授に参院選の総括をしていただいた。

 「まず全体の当選者数をみてみると、社民・生活が比例で各1議席とったものの、自公と民進を中心とした野党の二大勢力に収斂しつつある。さらに、おおさか維新が7議席と共産を上回り、第3極としての存在感を保った結果となっている。1人区については、野党共闘が一定の結果を出した、とは言える。ただ、青森・山形など東北や新潟はTPPの影響。福島はそれに加えて原発、沖縄は基地問題。さらに岩手・長野・山梨などは、小沢・輿石・羽田といった強い地盤にのっている。つまり、地域争点が結果に影響したとも言える。単なる票の積み上げだけでは勝てなかっただろう。減員区の宮城・新潟・長野でも我々の声が届けにくくなるという不満、デモクラシーの距離の問題で野党に味方したのでは。合区も同じ事が言え、島根を除いて鳥取・徳島・高知は投票率が軒並み下がっている。ただ、この地区はもともと自民が強いところだから、バンドワゴン効果−政権にすがりつく、という結果になった」

 複数区の結果は? 「自と民に収斂していく感じ。神奈川・千葉のように自民が2議席とった所もあれば、北海道・愛知のように民進が2議席の所も。東京などは自2・民2。だから共産などは、選挙区は東京でとっただけで、埼玉・千葉・神奈川などははじき飛ばされてしまった。1人区では野党共闘できたけど、複数区は逆に独自カラーが出せなくて埋没。今後、これをどう考えていくのか。注目すべきは公明。増員区で新人を立て、選挙区では全員当選。これは自公の選挙協力が非常に上手くいった、ということ」

 比例区で自民が2000万票以上取ったが? 「自民の勢いが強い、と言うより建設的な対案を出したところが無かったということでは。比例で野党統一名簿が作れるかどうかも今後の課題だろう。おおさか維新が地域政党として第4党になったが、これ以上伸びるためには政党名の変更が必要。『支持政党なし』という政党が新党改革より票をとって話題になったが、でも選挙は政策の選択・自分たちの意向を国会に反映してもらうための選択だから、こういうやり方は問題だと思う」

 投票率が少し上がったが? 「注目されていた初の18歳の投票率が51.17%、19歳が39.66%。これまで20歳代の投票率が30%台だったので、民主主義の明るい未来が見えたように感じる。『お父さんと一緒に投票に行った!』なんて声もたくさん聞かれて、その世代の人達の意識も高くなって全体を押し上げたのかも。投票は一度行くと2度目からも行くので、これからを期待したいですね」

 「次の日の新聞の見出しは全部『自公で3分の2』ですよ!」と見せてくれたが、白鳥教授は今回の選挙ではアベノミクスが表の、3分の2が裏の争点だったと言う。

 「確かに憲法改正は自分の生活からは遠いところにあり、経済第一でしょうが、実は3分の2に1議席足りなかったと言う結果は非常にバランスのとれた数字に落ち着いたと見るべきです。これが大幅に3分の2を超えていれば、自公はやりたいことをやりたいようにできる。逆に、それに全く届かなかったら憲法改正は議論の俎上にものらない。だから、この数字は『与党よ、暴走せず、しっかり国会で議論をしなさいよ』という天の声! 東北での野党統一候補の勝ちも同じ。TPPでもしっかり農家のことを考えてくださいよ、という声を与党はしっかり聞かなくては!」

 都知事選については「自民分裂×野党統一候補の争いになったが、でも、そういうことではなくて政策で議論をやってほしい。単なる人気投票ではなくて!」

 時間があったら何をしたいか? と伺ったら「そうだなあ、遺跡巡りもいいなあ! 去年オックスフォードに留学して、総選挙なども見てきましたけど、休みの日にストーンヘンジに行ってきました。何にもないところにぽつんと立っていて、いかにもパワースポットという感じ。エジプトのピラミッドやスフィンクスは住宅地のすぐ側にあって、がっかりしたのを思い出しましたよ」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:7月15日(金)23:00/7月16日(土)9:30/7月17日(日)0:30