今週の一筆
【画像】
【画像】

06月10日の放送

一億総活躍プラン 概算要求でしっかり実現!

加藤勝信 一億総活躍担当大臣

対談を終えて

 今回のゲストは、加藤勝信一億総活躍担当大臣。国会終了後の6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」についてまず伺った。

 「アベノミクス最初の『3本の矢』は、金融緩和や経済成長で雇用や所得のアップを図る。そのサイクルを作ろうというものだった。ただ、世界経済の足踏みが続く中、日本では少子高齢化や人口減少の不安が抑制となって様々な問題が起こっている。それに対応するために『新3本の矢』を作って、GDP600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロを打ち出した。成長の果実をどう使うか、というアベノミクス第2ステージです。そして今回、予算の基本方針の『骨太の方針』、具体策としての『成長戦略』『規制改革』、地方創生の『まち・ひと・しごと創生基本方針2016』、そして、私が担当している『ニッポン一億総活躍プラン』という5本を閣議決定した。かぶるところもあるし、お互いが連携して予算編成に向けて具体化していこう、ということ」

 プラン・具体的には? 「それぞれタイムスケジュールつきの政策を作った。●まず子育て・介護。保育士・介護職員については具体的に賃金を示した。待機児童対策も、実はずいぶんやっているのですが、追いつかない状況。ハコモノを作っても保育士・介護職員が足りない。継続的雇用や離職の問題もあって、日本型の賃金体系では賃金の上がらない状況にもなっている。だからまずここを具体的に改善しよう、と。●同一賃金同一労働も、日本の構造改革の大切な柱になるものと思っている。非正規・正規という言い方は好きじゃないが、実は非正規雇用の8割が多様な働き方を求めている。ただ、これがしっかり賃金に反映されているかどうかというと、ヨーロッパのようにはいっていない。ヨーロッパではフルタイムとパートで10:8くらいなのが、日本では10:6以下。これを上げていくには、同一労働同一賃金まで議論して踏み込んで行く必要がある。自民党は正直、ヨーロッパと同じ概念を持ってきてもどうかと躊躇していたが、人出不足、いい人材がほしいという今の状況下でなら、この議論を初めても成果が出るのではと思っている。しかし、同じ仕事だから必ず同じ賃金とは、実はヨーロッパでもなっていない。こういった場合はどう考えるかというのを、今、専門家に考えてもらっている。実効性を担保するために法改正をやっていく。●給付付き奨学金もすでにやってはいるが、制約が厳しい。環境が子どもの将来を縛ってはいけない。人材力を最大限発揮してもらうことが大切。無利子の奨学金もあるが、これも要件が厳しい。逆に高校を出て仕事をしている人たちもいる。こことのバランスをどうとるか、ということもある。『創設に向けて検討』と書いたのは、予算をとってきちんとやるということ」

 でも、消費税増税延期で財源は大丈夫? 「プランの財源はもともと消費税増税の中には入っていない。だから延期が直ちに影響するモノではない。経済成長の果実を使ってやるもの。逆に上げたら税収がどうなるか、ということもある。一方、財政再建、増税と社会保障との一体改革の柱は下ろしていないから、2年半の延期で、やらないとは言っていない。だから経済の足腰を強くするのが我々の仕事!」

 参院選についても聞いた。「アベノミクスの失敗、とは言えない。数字は良くなっているんだから。どう経済を強くしていくか、その時野党はどう考えているのか、本来は議論が必要なのに」

 野党は「2/3を許すな、改憲阻止」と言っているが? 「憲法改正は結党以来の自民の党是。現行憲法の中にも改正条項があるのだから、憲法を否定しているわけでもない。頭からやるとかやらないとか議論してもしかたがない。国民投票法もありますから、丸々改正ではなく、逐条改正になると思います。どの条項になるか我々の中でもまだ熟していないし、そこは国会の憲法審査会や各党でもじっくり議論を積み重ねて行く必要があるんだろうと思います」

 参院選で政権基盤を安定させて、一億総活躍プランなどの政策をひとつひとつ実現させて行きたいと言う加藤さんに、時間があったらやりたいことは? と聞いたら一言「セーリング・ボート! まだ行けてないし、当分行けそうもない!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:6月10日(金)23:00/6月11日(土)9:30/6月12日(日)0:30