今週の一筆
【画像】
【画像】

04月08日の放送

民進党は国民とともに進む!

民進党 岡田克也 代表

対談を終えて

 今週のゲストは、スタートしたばかりの民進党代表・岡田克也さん。いつ頃から合併を考え始めたのか、伺った。

 「昨年の1月に(民主党)代表に就任しましたけど、その頃から、野党が分裂したままでは自民党は倒せないと思っていました。でもその頃は維新の党も特定の労組を批判している人たちがいて、これでは一緒になるのは無理と思っていました。それが分裂、江田さんや次に代表になった松野さんたちとは話ができると。それから国会で統一会派を作り、時間をかけて協議して今日になったわけです。党の名前も『吸収合併に見えるのは良くない』ということで『新しい名前で』ということになり、アンケート調査もして『民進党』になりました。18年間親しんできた名前ですから、ちょっと残念な気はしますが、国民とともに進む『民進党』です!」

 新進党での分裂騒動、民主党政権を作ったものの上手くいかなかったとの反省から、今回は3度目の正直、ラストチャンスだと覚悟を語る岡田さん。「民主党政権になったときも、自民が政権復帰をしたときも100人ちょっとの塊でした。一発、政権交代の機運ができたときに十分受け皿になり得ます。支持率が低いと言われますが、それはこれからを見てください、ということです。反省すべきは反省、と結党大会の時に言いましたが、それは、大事なときには結束して覚悟を見せるということ。もう一つは実現不可能なマニフェストは掲げないこと。できないことは、はっきりできない、ということです」

 民進党としての国会論戦が始まったが、まずはTPP問題で攻めを開始。「資料が全くない中での議論はできません。交渉のやりとりが、黒く塗りつぶされたものしか出てこない。経過が全く判らない。説明なしで、とにかくこういうことになりましたから結果で判断してイエスかノーか答えてください、ということ。これは違います! まして委員長の西川さんは内情を本に書こうとしていました。本に書けて、国会で説明できない、というのは全くおかしい話じゃありませんか? もちろんまだ入り口の議論ですから、今後は具体的な中味についてもどんどん追及してきます」

 消費税値上げ延期問題は?「『選挙に有利だから延期を』という話が総理周辺から出ていますけど、そんな戦術論で考えていいんでしょうか。基本は、我が国の財政をどうするか、ということ。私は基本的には財政再建が望ましいと思うけど、今、上げて問題は無いのか、(これはアベノミクスの失敗でもあるんですけど)、その前にすべき行革はやっているのかどうか、延期の間の社会保障費の財源どうするのか、等々セットで考えなければ。私自身も今の経済状態を見るとかなり難しいとは思っていますが、でもまだ決めていません」

 まもなく参院選。共産党との選挙協力について。「我々は、一度もそうは言っていません。『国会対応・国政選挙はできるだけ協力する』であって、ギブ・アンド・テイクの関係ではありません。でも、分裂して戦ったら自民党を利するだけですからね」

 旗印は?「結党宣言に『自由・共生・未来への責任』と書きましたが、『自由』が新しいところです。今の自民党は、表現の自由・報道の自由に関与しています。多様性の社会なのに『この道しかない』と言ってみたり。我々は、『本当の意味での自由を実現する社会を目指す』ということをメッセージとしてはっきり出したということです」

 参院選の結果次第では辞任する、と断言した岡田さん、これは退路を断ったということで、選挙では「政治の質を高め、安倍政権の暴走を止める」を掲げて戦うとのこと。

 時間があったら何を? と伺ったら「犬の散歩!」。お嬢さんが飼っていらした犬を引き継いだということで、ヨークシャテリアの「ハナちゃん」。「1歳半くらいかな。なかなか散歩できないので、ちょっと太め。自分を犬と思っていないみたい。朝早く起きてしまうので、夜はボクが12時までつき合って、朝は家内、と、分担してつき合っています!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:4月8日(金)23:00/4月9日(土)9:30/4月10日(日)0:30