今週の一筆
【画像】
【画像】

02月26日の放送

安倍政治は「不誠実」!

民主党 逢坂誠二 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、民主党NC総務大臣の逢坂誠二さん。安倍さんを一言で言うと「不誠実」だと言う。

 「今回の衆院選挙制度改革でも予算委で『定数削減は与野党の共同責任』だと。しかし巨大与党で実行する力を持っているのに実行もしてこなかったし、釈明もしない。TPP、安保など、選挙の最中と終わった後では対応が違う。まさに不誠実!」

 番組収録時には、交渉真っ最中の民主・維新の合流の動きについて聞いた。

 「私は、こういう動きは昨年秋の通常国会の後に一気呵成にやっておくべきだったと思っています。政治にはタイミングと勢いが必要。どんなに良いことをやっても、チャンスを失ったら効果が薄い。今の時期だと、仕方なしにやっているととられかねない。選挙互助会? ほんとはそうじゃないんですが、見られかねない、というところがありますね。それからエッジの効いたことを言わないと。大統領選のトランプ氏だって、善し悪しは別にして、これまでとは違ったことをやってくれるんじゃないか、という思いが国民にあるんですよね。訴求力、訴える力が必要。だから、今の時期にやるのなら長い時間かけずにスパッとやって、決めたら従う、というふうにならなきゃ」

 大間原発問題を抱えている逢坂さん、「原発ゼロの会」を立ち上げ、運動を続けているが、今回の運転開始40年を超える高浜1・2号機を原子力規制委が新規制基準に適合すると認めたことに対して憤りを隠さない。

 「40年を超えて再稼働させる、というのは例外中の例外だったはずです。それが通常の審査と同じようにOK。大体、与党のエネルギーミックスの発表では原発比率は20数%。実はこの40年超の原発を動かさないとこの数字にはならない。はじめから使い続けようというもくろみがあったんですよね。お金が先で、国や国民の安全・命が後、という感じです。この2年間、フランスやポルトガル、ドイツなどの原発政策を見てきましたけど、皆、自然・再生エネルギーに力を入れている。日本は固定買い取り制度も後退。世界の風力発電のトップクラスは中国で1億キロワット。ヨーロッパは数千万、ところが日本は数百万の単位です。原子力廃棄物の問題も解決していないのに! 核燃料サイクルなんて海外では撤退の動きなのに、日本は大間原発をはじめ、まだ動かそうとしている。もちろん福島原発の問題だって、安倍さんは『アンダーコントロール』と言ったけど、現実は違う。これも『不誠実』。5年経っても復興なんてまだまだ。さらに、そんな問題を議論しようとしても、私の所属している原子力特委なんか、前の国会では3回ほどしか開かれていないんですよ!」

 元ニセコ町長の逢坂さん。総務委に所属し地方行政・税制・消防・郵政・放送などを議論しているが、特に地方の自主自立をどうするかに関心を寄せている。

 「地方創生、本当に地方のためになっているのか、と思いますね。中央集権のままで国が一定のメニューを作って、それに従って下さい、というものじゃないですか? 私たち『一括交付金』を作りましたが、安倍政権はそれをやめてしまった。でも、実は沖縄県だけ残してあるんですよね。この間、沖縄に伺ったときに地元の人から『使い勝手が良い』と言われました。地域はそれぞれ事情が違いますから、その心に寄り添ったやり方でないとだめですよね」

 民主・維新の合流話の時に、メディアは、両党は憲法改正問題ではスタンスが違うと書いているが、と聞くと「いや、我々は2005年に憲法提案を出しています。『憲法は不磨の大典ではない。時代の流れに沿って憲法も変わっていくべき。だから大いに議論を』と。ただ、最後に憲法を変える力を持っているのは国民の皆さんですから、このことをわかりやすく説明していくのが我々の責務だとおもっていますけどね」

 次の選挙に向けては安倍政権の経済対策の行き詰まり、それと地方にどうやってお金を回していくかを訴えて行くつもりだという逢坂さんに、息抜きは? と聞いた。

 「昔ギターをやっていたんですが、1か月ほど前にウクレレを買いました! 函館と東京、それぞれ1本ずつ。仕事をしていてアーア、と思ったときにポロン・ポロンと弾いています!

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:2月26日(金)23:00/2月27日(土)9:30/2月28日(日)0:30