今週の一筆
【画像】
【画像】

01月15日の放送

今年は予測がつかない!

ジャーナリスト・嶌信彦 氏
与良正男 毎日新聞専門編集委員

対談を終えて

 今回は、年始め恒例の「今年の政治・経済・外交を占う」ということで、ジャーナリストの嶌信彦さんと毎日新聞専門編集委員の与良正男さんに論評をしていただいた。まずは去年暮れから大きく動いている国際情勢から。

 「今までの世界はイデオロギー=自由主義や社会主義、人権、環境等でとらえればなんとなく理解できていたのに、今はそういった既存の考え方・価値観ではとらえられない、全く違った状況になっている。30年前は石油を通じて仲が良かったサウジとイランの国交断絶だとか、EUでヒトの往来・モノ・カネの流通が自由になったせいで逆に難民の大移動が始まったりとか、しっちゃかめっちゃかに。これを誰が、どう収めていくのか、誰も見えていない」と嶌さん。与良さんも「ISが出てきて、国という概念がまるで変わっている。インターネットが重要なツールになり、すぐ拡散する。昨日のジャカルタでのテロもそう。脅威がぐっと身近に迫ってきている」

 北朝鮮の水爆? 実験についても「同盟とも言える北と中国が対立するなんて、いったいどうなったのかと思いますね」と嶌さん。与良さんは「我々もこの20年、核爆弾の小型化が怖いと言いながら『その前に北は崩壊しますよ』と言い続け、結局、先送りしてしまっていた。そのツケ、とも言えるが、逆に政局的に言えば安倍さんにとっては、『やはり安保法制は必要だ』とプラスに働いている」と分析。

 なぜこんなに大きな変化が? と聞いたら、与良さん「米は依然としてナンバー1だが相対的に力が弱まってきた。そこを他の大国は見ている。北だって、中東の動きに目を向けたオバマに対して、こっちもあるのを忘れるな、と核実験をしたとも言える」。嶌さんは「中国の上海市場の暴落で日本の株価は年初から連続下落。世界もそう。中国が世界経済に与える影響が大きいと改めて知らされた」

 ではどうする? アベノミクスは? と聞いたら、与良さんは「うまくいっていない。だから、新3本の矢とか一億総活躍とか持ち出した。アベノミクスはもとから一種のジレンマを抱えている。2%の物価高なんていうのは今や日銀の黒田さんくらいで、政治家は誰も言わない。物価上昇ができないのはひとつには原油安のせい。しかし庶民にとってはガソリン・灯油安など有り難いこと。だいたい、ここ20年、物価は安いモノ、上がるという経験をしたこと無かったから、前回の消費税上げの影響は大きかった。だからものを買おうとか、美味しいもの食べに行こうなんていう欲求が少なくなる。でもこれではいけないのか? というとそうとも言えない。逆に、これにあった経済政策を提示できればいいのだが」。嶌さんも「今の政権はこれまで通り高度成長を追い求めている。企業も同じ。しかし、いまやディメンジョンが変わったのでは。成長率が高ければ景気がいい、というような数字の問題ではなく、幸福とは何か、生活の質とは何か、いいライフスタイルとは、という問題設定をするように、考え方を根本から変える時ではないかと思う」

 「結局、この3年間の国会論戦を聞いても野党がケチをつけると安倍総理は『あなたの時の政権時の株価はいくらだったんですか?』と反論して、それ以上議論が続かない。投資セミナーに行ったら70代、80代のヒトが大半で、『老後が心配ですから』というブラックジョーク。社会保障・福祉の安心を訴えるのが本来の政治なのに、与野党ともそれを提示してくれないから」

 W選に浮き足立つ野党に対して厳しい批判も出たが、与良さんの期待は18歳への選挙権年齢引き下げだという。「たかだか200万人程度ですけど、これを機会に未来をどうするか、ということに大きく変化してほしい」。嶌さんが指摘したのは政治家の質。「もうちょっと自分自身を高めてくれないと世界的にも恥ずかしい」。与良さん「今回、衆院の一票の格差に対する答申がでたけれど、都市部の定数を増やす、という形での変更もありうるのでは? とはいえ、今の政治家では誰も共感しそうもないけれど・・・」

 嶌・与良さんお二方、結論として「今年の行方は判りません。言えることは我々メデイアがしっかりしなきゃいけない、ということです!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:1月15日(金)23:00/1月16日(土)9:30/1月17日(日)0:30