今週の一筆
【画像】
【画像】

09月04日の放送

クオータ制の導入で女性を政治の世界に!

民主党 中川正春 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは民主党・元文科大臣の中川正春さん。安保法制審議の大きな潮目になった、自民党の参考人からの「憲法違反だ」という発言。それを憲法審査会で引き出したとして話題になった。

 「あれは狙いすまして質問したんですよ。事前ペーパーで違憲表明が判ってましたから、言ってくれるだろうと思ってました。それにしても、日本には憲法裁判所がない。司法裁判所制ですから、事件が起こってはじめて法律が憲法に違反しているかどうかが判る。かといって憲法裁判所を作るのも大変。だから、個人的には例えばカナダなどのように『リファランス(照会)制度』を作ればいいと思うんです。国でも国会でもいいですから、その法律が違反かどうか尋ねる。すると、拘束力はないけれど参考意見として結論が出てくる。そうすれば国民の判断材料になるんじゃないですか? 憲法審査会が再開されたら問題提起しようと思っています」

 中川さんは「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」の会長。このほど推進法の骨子案を発表されたのでその話を伺った。

 「国がこれだけ豊かになっても女性の進出はまだまだで。皆さん、それは大事だ、というけど実際には、のってこない。政界への進出、せいぜい1割です。世界の中で117位ですよ! 上位はアフリカの国々が多いのですが、これはつい最近民主化された国々で、女性・民族・宗教といった多様なグルーピングのなかで必然的にクオータ制が導入され、女性の政治進出が40%前後になっている。クオータ制ですか?『割り当て』という意味です。よく『憲法には女性と男性と差別するな』と書いてあるからクオータ制は反対!自分の力で勝ち上がれ!と反対する人がいますが、しかしフランスの『パリテ』の理念のように、国民のおよそ50%は女性であり、50%が男性、だから、性別の比例原則は平等なのが当たり前!というふうに考えなくちゃ。ただ、皆に導入してもらいたいので、ドラスティックに変えるのではなく、今の制度の中で変える。そしてこのクオータ制を導入するかしないかは政党の選択にまかせるということにしました。具体的にどういう形でクオータ制を導入するのか、公選法改正の部分までまとめましたので、今、各政党に持って帰ってもらって議論してもらってます」

 次回の参院選から投票年齢が18歳に引き下げられるが、中川さんは教育の必要性を強調する。「主権者教育―ま、今あるもので言えば『公共』かな? でも、もっと広く言えばシティズンとして社会のあり方を主体的に自分の判断で選択し行動することを、小学生のころから教えていかなければ。不幸にも70年安保、イデオロギーの対立、冷戦構造などもあって、あまり政治教育はやるな、という通達があった。でも、そんなのやめて、今回は例えば、学校であるいは教育委員会と一緒に政治を教えるためのルールを作ってそれを家庭や地域と共有していく、というやり方でオープンにやるべき。ディベートや模擬投票、模擬国会なんていうのもいいかもしれない。大事なのは、詰め込み教育のように答えは1つ、ではなくて、世の中結論がいくつもあって自分でその中から選択して結論を出す、という民主主義の基本を学習に持ち込むことだと思います」

 維新の党の騒動で野党再編が話題になっているが、中川さんは巨大与党に対抗するには、やはり1つの塊を作ることが大切だという。「何も全部同じでなくてもいいんです。例えば大きな政府か小さな政府か、とか中間層を広げるのか、それとも自由主義で競争社会にするのかとかいうように、細かい違いではなく、大くくりの分け方で見てほしいですね」

 趣味は? と伺ったら即「釣りですね。伊勢志摩あたりで育ったものですから。鯛、メバル、それにガシ! 知りませんか?顔が大きくてごつごつした感じの魚ですよ。でも、最近はいけないので残念!」ガシとはカサゴのことらしい。でも本当にいけなくて残念そうだった!

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:9月4日(金)23:00/9月5日(土)9:30/9月6日(日)0:30