今週の一筆
【画像】
【画像】

08月28日の放送

集団的自衛権? 戦争のリスクが減ります!

田中茂 参議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは参議院議員の田中茂さん。中曽根元首相の首相退任後の25年間、秘書を務められてから国政へ。みんなの党が解党してしまったので現在は無所属ながら「日本を元気にする会」と会派を作り、国会で活躍中。まずは安倍首相の70年談話について。

 「中曽根さんは総理として初めて侵略を認めたんですよね。『米英仏に対しては帝国主義に対抗した普通の戦争だが、中国や南方諸国に対しては侵略の要素がある。韓国については国際法にのっとったとはいえ、併合した上、創氏改名や朝鮮神社参拝など強制的に様々なことをした。だからお詫びした方がいい。ただ、談話はその時代の国際関係や外交関係を考えながら、今の首相が判断し決めていくべきもので、とやかくいうことではない』と言っています。まあ、今回の談話は4点セット(おわび、植民地支配、侵略、反省)も入っていますし、よかったのでは、と思います。あと『子ども達の代になってまで謝罪を続けるべきではないが、同時に、過去を観て、反省すべきところは反省すべき』と入れたのも当然だと思います。ただ最初の方で『明治維新でアジアで最初の立憲主義を打ちだし、その後、日露戦争でアジア・アフリカの国々に勇気を与えた』という下りは安倍さんらしいのかなあ。海外にもおおむね評判いいでしょう? ただ今回、中国のメディアが天皇に謝罪を求めたのはおかしい。天皇は我々にとって権威の象徴。権力批判はいいけれど権威への批判は日本の文化・歴史・伝統への批判。せっかくこれからの日中関係を前向きにしていこうと言う時に残念です」

 靖国問題についても聞いた。「中曽根さんは弟や戦友の戦死もあって、総理の公式参拝を初めてしましたが、その時の海外情勢―冷戦末期のソ連封じ込めのために中国とは仲良くしなくては―ということで、一度でやめました。風見鶏、と言われましたけど、本人は『いや一本足の軸は動かず、世界の方向を常に見ているだけ』と笑ってましたが、常に国益を第一に考えて行動してましたね。だから東京裁判史観は認めないし、分祀を言い出したのも最初です。私も全くその通りだと思ってます」

 参議院で審議中の安保法制については「私は集団的自衛権は合憲だと思っています。自衛権は国際法上、どこの国も持っている権利ですから、前憲法的なもの。だからわざわざ書いてないんです。村山富市さんはそれまで自衛隊は憲法違反だと言っていたのが、総理になって『国際情勢の変化によって、この程度の自衛隊の軍事力であれば合憲である』と意見を変えた。つまり、これは政策判断によって変えたということです。以前の個別的自衛権の3要件(*自国への攻撃*他に手段がない*必要最小限)となっていますが、今回の法改正も全く要件は同じで、ただ必要最小限の程度が情勢の変化で変わっているだけなんです。だから本来はこの11本の上に国家安全基本法のようなものをまず作っておけば、国民の皆さんにもっと判ってもらえたと思います。それからすぐ、戦争法案だとか米の戦争に巻き込まれる、とか言いますが、それは間違いです。NATOを見てください。現在28か国が集団的自衛権で軍事同盟を作っています。この28か国の間では戦争は起こりませんし、またどこかが戦争しようとすると他の国からチェックが入る。だから戦争を起こしにくくなります。アジアでNATOのようなものを作るのは歴史・宗教などから難しいのですが、でも日米・米豪・米韓・米フィリピンとそれぞれ同盟がある。これをコアに集団的自衛権でまとまれば戦争のリスクが減る。もちろん、片方では外交をきちんとして抑止力と両輪で体制の違う国とつきあっていくべきで、そのためにも今回の法律は必要なんです」

 中曽根さんは常々「リーダーの条件は、*どういう世界になるのかの目測力*そのためのヒト・モノ・カネをまとめる結合力*国民に、世界に、党に対しての説得力、この3つだ」と言ってらした由、それを常に考えて田中さんは行動しているという。

 趣味は?と聞いたら「知り合いが劇団をやっていてよく見に行きます。高校の時は演劇部だったから。チェーホフが好きですねえ。日常のなにげない会話の中にぐっとくるセリフがあるんですよ!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:8月28日(金)23:00/8月29日(土)9:30/8月30日(日)0:30