今週の一筆
【画像】
【画像】

05月15日の放送

オバマ大統領との個人的関係大変化!

世耕弘成 内閣官房副長官

対談を終えて

 今回のゲストは内閣官房副長官の世耕弘成さん。安倍総理の今回の訪米・議会演説の裏側をまず伺った。

 「上下両院合同議会での日本の首相の演説は初めてでした。安倍総理が頼んだという報道もありましたけど、それは間違い。中東訪問でイスラエルのエルサレムに行ったとき、たまたま滞在していたマケイン上院議員等、米上院の外交関係のリーダー達と懇談をしたんです。私も立ち会いましたが『訪米なさるんだったらぜひ議会で演説をした方がいいよ』と盛り上がったんです。これだけ信頼関係のある日本のトップが長い間議会演説をしてこなかった、ということをおそらくご存知なかったんでしょう。だからそのあとマケインさんには熱心に働きかけをしていただきました。原稿の基本はいつものように谷内参与が書きましたけど、安倍総理の想いやエピソードをたくさん取り入れています。硫黄島で戦ったスノーデン中尉と日本側の守備隊長・栗林中将のお孫さんの新藤前総務大臣が並んで議会の中で握手。あれだけの戦争を戦った同士が、和解をして戦後の国際社会に大変大きな貢献をした、ということの象徴で、議会やアメリカ国民は好意的に受け取ってくれたと思います」

 「侵略」や「お詫び」という言葉がなかったが、という問いには「一つ一つの言葉ではなく、官邸のHPに全文が載っていますので、ぜひ読んでほしい。安倍総理は「深い悔悟」という言葉を使っています。ウォーメモリアルに行って、一つ一つの星がそれぞれ100名の命、と紹介して『自分は本当に痛切に悔悟している』と。『悔悟』というのは後悔とか反省より、もっと深い宗教的な感じすらする言葉なんです。だからこれから有識者の方の意見も伺ってまとめますが、70年談話についても、この単語が入っているかいないかではなく、全体としてどういう主張をしているか、見てほしい」

 今回の訪米の目的は、日米関係の深化、安倍総理は過激なタカ派とか歴史修正主義者というイメージを払拭する、オバマ大統領との個人的関係醸成、の3つだが、オバマ大統領は最高のもてなしをしてくれた、と言う。

 「わざわざ日本酒を安倍総理の地元から取り寄せたり、日本語を何回も使ったり、演説の中にリンカーン大統領の話が出てくるのを知って、前日に急にリンカーンメモリアルに連れて行ったり・・・オバマ大統領としては、外国首脳にここまでしたのは初めてではないでしょうか。逆に言えば安倍総理の存在感がそれだけ大きくなったとも。もちろん中国にどう対抗するか、ということもある。AIIB、一帯一路、中ロ接近等々、今、世界の地政学・パワーバランスは非常に難しい段階。だからこそ日米お互いに関係を深化させなければ、と双方とも思っている。ニクソンショックの時のようにならないか? 時代が違います。今の日本は世界を俯瞰する外交をやってますから、そのネットワークは強くなってます。それをオバマさんもみている」

 議会演説で安保法制の夏までの成立を言明して野党から批判を浴びているが、これについては「だって、集団的自衛権に関する閣議決定は去年の7月だし、去年暮れから議論を続け、国会でも安倍総理が答弁している。北朝鮮が潜水艦からのミサイル発射を可能にしたという話もあるし、一日も早く法案を通したい、という決意表明は当たり前でしょう。だから今日(14日)閣議決定した『平和安全法制』を一日も早く、しっかりと議論してほしい。民主党も審議の入り口で止まるのではなく、党としてキチンとした案を出してほしい」

 加藤勝信衆院議員との副長官コンビは歴代3番目の長さになるという世耕さん、この内閣は『仕事士内閣』だと胸を張る。趣味は?と聞いたら、即「安倍晋三!」。さらに聞いたら、「そうだなあ、母が花瓶を3つ持ってきてくれて、これに花を生け始めたら、案外いいんですよ。だから今はフラワーアレンジメントを楽しんでます。あ、それからカクテル作り! 夜、奥さんにサービスしてますよ!」ごちそうさまです!

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:5月15日(金)23:00/5月16日(土)9:30/5月17日(日)0:30