今週の一筆
【画像】
【画像】

10月31日の放送

概算要求・社会保障費 レビューシートで切り込みます!

自民党 河野太郎 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党行政改革推進本部長に就任なさった河野太郎さん。無駄撲滅PTの主査として福田内閣以来活躍してきただけに、安倍首相からも「消費税を上げるためにも無駄があってはいけません。徹底的に削ってください」と言われたとのこと。具体的にどんなことをやろうとしているのかを聞いた。

 まずは、行革本部として初めて取り上げた中長期的な財政見通し。リーマンショック後、作り直した財政健全化目標は、来年度にGDP比を半減化し、2020年度に黒字化すること。しかし、現状ではとても厳しいのが実情だ。

 「内閣府は甘い見通しを立てているけれど、税収に法人税減税分は入ってないし、概算要求枠以外に整備新幹線だとか地方創生だとか支出増えるし、補正をどうする、と言う話もある。例えば、社会保障費は上がることは仕方ないとなっているけれど、それでいいのか。年金はともかく、例えば医療費。今、効くけれど非常に高価な薬が続々出てきている。使いたいのは山々だが、これを全部保険料でまかなったら若い人達の保険料が跳ね上がる。例えばジェネリック医薬品ができたら原則的にこちらの方を使う、高いものを使うときは保険外にする、ということにすれば保険料を上げなくて済む。もちろん、アレルギーなどのある人は例外にするなどの配慮は必要だが、これで年間数千億円、医療費が下がる」

 概算要求のチェックはレビューシートを活用しているという。「民主党で有名になったけれど、あれは僕たちが福田内閣時代に作ったもの。それを実行に移そうとしたときに政権交代になり、著作権はいりませんから、と言って活用してもらった。だから今は、各省庁から5000枚集めてマンパワーでチェックしてます。いい加減なものたくさん来てますよ。この目標のためにこの指標を使いますというのがきちんと書いてないものは、予算を最小限にして出し直せと突っ返してます。でも正直、もうそろそろ無駄はなくなって来ているんです。だから今は優先順位の低いものから切る、というふうに変えてきています。ただ、それはいち行革本部ではできない。自民の政調・部会が一団となって対応しなきゃ。僕たちは旗を立ててゴールは設定しますが、一緒に走ってもらわなきゃできません。もちろん、党の規制改革委員会とは双子の関係で、私は削る方、向こうは景気浮揚の環境を作るために規制緩和・改革をやる、ということでお互い力をあわせてやっています」

 内閣官房・内閣府のスリム化も行革本部の仕事。11月の頭には官房長官に提案を出すべく、今、作業をしているとのこと。

 そんな忙しい河野さんにとって、今年はうれしい年でもあった。会長も務めた湘南ベルマーレがJ2で優勝、J1に昇格! でも悩みの種は湘南ベルマーレの経営。「市民クラブだから親企業からの補填に頼れないんですよ。J1のチームはミニマム15億円が必要だそうだが、あと5億円足りないんです。試合場にはいつも大きな募金箱を置いてあるんですが、誰かスポンサーになってくれないかなあ!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:10月31日(金)23:00/11月1日(土)9:30/11月2日(日)0:30