今週の一筆
【画像】
【画像】

10月03日の放送

安倍政権に対してはあくまでも是々非々で対応

次世代の党 平沼赳夫 党首

対談を終えて

 今回のゲストは、次世代の党党首の平沼赳夫さん。日本維新の会の大阪グループの橋下さんや松井さんが、もっと大きな勢力を、と結いの党との合併に走ったのが分党の引き金になったという。

 「3つの基本点が違うんです。一番目は自主憲法制定。結いは反対でした。二番目は集団的自衛権。党内で議論して自民党と同じくらいの感触でまとめた。しかし、結いは個別的自衛権で足りるという。三番目はエネルギー。毎日天然ガスと石油に100億、一年間に3兆6000億使っている。貿易収支・経常収支の赤字をみてご覧なさい。安全性をしっかり担保して、原発を再稼働させなければ。しかし、結いは即全廃!これではついて行けないから分党したんです」

 公募の中から選んだ「次世代の党」という名称。「石原さんは『大和』私は『富士』を選んだんですけど、やはり、政治は子や孫、さらに続く次世代のために、ということでこれになりました。我が党は若い人も多いですし、役職もなるべくこういう人たちにやってもらうことにしました」

 綱領はシンプルに「自立、新保守、次世代」。「『自立』は福沢諭吉翁の『一身の自立なくして国家の自立なし』です。『新保守』は戦後保守主義といったって、本当の保守じゃない、すべき改革は大胆にしつつ長い日本の歴史と伝統と文化をしっかり守っていく、ということで『新保守』と」。基本政策の第一はやはり自主憲法制定。「今の憲法はアメリカが占領政策を推し進めやすいように作られたもの。だから自ら作らなければ」

 拉致被害者救済もはずせないと言う。「賢く強い」国家経営・政府・日本人を実現する、も力を入れる点。今注目されている消費税10%に引き上げ問題については「今の経済状況から見て慎重を期すべきです。大企業や輸出関連事業は国際公約なんだと言いますが、中小企業・地方・国民、まだまだ困っていますよ。国民本位に考えるべきですよ」

 最後に、与党か野党か立ち位置を平沼さんに伺ったら「是々非々で政治判断します。与党が正しければ応援、しかし国家国民のためにならなければ断固反対します。その延長上に野党再編がある。私も民主党やみんなの方たちと話し合っています。日本のためを思えば連携もやぶさかではありません。今の選挙制度では維新の会のようにぱっと出ることもあるし、民主党のように減ってしまうこともあって全くわかりません。我が党もしっかりして一人でも多く賛同者を集めなければ!」

 朝は4時頃目が覚めてしまうという平沼さん。6時まで本を読んで過ごすという。「小説は読みません。政治関係の本が大半。先日、明治憲法の成り立ちを解説した本を読みました。起草者の伊藤博文や井上毅らが欧州を見て回ったけど、結局、日本の古事記や日本書紀に日本の原点を観て作った、というのに感銘を受けましたね」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:10月3日(金)23:00/10月4日(土)9:30/10月5日(日)0:30