今週の一筆
【画像】
【画像】

09月19日の放送

議論し、決まったら従い、代表を盛り立てる文化を実現!

民主党 岡田克也 代表代行

対談を終えて

 今回のゲストは、このたび民主党代表代行に就任なさった岡田克也さん。

 「前回この番組に出た時に『代表選をやれ』と言ったんだけれど、結局その後、7月末の党両院議員懇談会で、海江田代表が『私はやめないし、代表選もやらない』と言われたので、そこまでおっしゃるんならここで終わりにして代表の下で協力するしかないのでは、と申し上げた。それから1か月半たって、こういうことになったのは想定外だった。おそらく枝野さんを幹事長にまず据えて、それからしっかりした組み立てを考えられたのだと思う。民主党の存在感が薄いと言われる中、国会審議ひとつをとってみても、個々のテ−マをどう合わせるか考えないまま、皆バラバラにやっている、という感がないわけではなかった。物事をしっかり決めて党運営をしていく、ということだと思う。私は選挙担当として、衆参選挙に向けての魅力的な候補者擁立と野党各党との選挙区調整をすることになった」

 安倍改造内閣については?「我々与党の時もそうだったけれど。総理が考えに考え抜いて決めたことだから批判も評価も今はしない方がいい。外相など基本的なところは変えなかった、ということは理にかなっているとは思うけれど」

 民主党新体制のキーワードは?「枝野さんが就任会見で『多様性と厚い中間層』と言ったけれど、1つは多様な価値観を尊重する』。もう1つは『改革』。具体的に言えば、1つは1000兆円の借金問題。増え続ければ持続可能な社会は作れない。もう1つは人口の急減。たとえば1億人維持という目標を作りあらゆる政策をとる。安倍政権と同じ? それは違う。地方創生というが、安倍政権は我々が進めてきた地方分権を全部やめてしまった。それが人口減をもたらしている。若者の雇用でも非正規とか派遣労働をやらせやすくするとか、我々とは全く逆方向」

 個々の政策についても聞いた。「消費税は経済状況もあるが基本的には上げなくてはだめ。法人税下げ?絶対だめ! 財源を法人税の枠内でみつけるのならいいけど、賃金アップにつながるという説明が全くない中ではだめ。軽減税率?民主党は所得の少ない方にお金を返す方式。こちらの方がいい。ただ、消費税上げるのなら何らかの対策は必要。集団的自衛権問題? 石破さんは安倍さんと考えが違うということで安保担当相を断った。民主党は閣議決定のやり方に反対しているだけで、中味は石破−安倍ほどには違ってない。メディアはなぜこの問題で民主党はバラバラというのかなあ?」

 最後に今後の民主党運営にあたっての覚悟を伺ったら「お互いしっかり意見を述べ合い、決まったらリーダーに従う。そして代表をしっかり盛り立てていく。昔から言われていたことだけど、今度こそ、これを実現しなくてはいけない」

 趣味はジム通いだそうだ。「元マクドナルド会長の原田さんが、トライアスロンやるために毎日ジムにいらっしゃるんだけど、それがすばらしくて! トライアスロンに出るつもりは全くありませんけど、少しはお腹がひっこむといいなあ」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:9月19日(金)23:00/9月20日(土)9:30/9月21日(日)0:30