今週の一筆
【画像】
【画像】

07月25日の放送

環インド洋がこれから大切になる!

自民党 逢沢一郎 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは衆院議運委員長の逢沢一郎さん。通常国会のふりかえりをまず。

 「秋以降の政治を考えて、政府与党は早くに延長無しを決めていた。法案の成立率も高かったが、ネジレていない、ということが大きかった。それに野党の混乱。みんなや維新の分裂、民主の中も定まらないし・・・いい意味での緊張感が国会議論には必要なのに、それができなかったのは残念」

 元外務副大臣の逢沢さん、国会が閉幕したのでやっと出かけられると、連続して海外視察へ。まずは議運の仲間とインド・トルコ・ヨルダン・UAEへ。

 「インドはいずれ中国の人口を抜く経済成長を期待できる国。代わったばかりのモディ首相にお会いしてきましたが、親日家でまもなく初の訪問国として来日なさる。日印の貿易額は日中の30分の1程度。早く追いつきたいというのが双方の希望。それに安全保障面。インド洋は日本にとって大切なシーレーン。中国のプレゼンスが大きくなっているけれど、ミャンマー・バングラデシュ、大切な国がたくさんある。ヨルダンもシリア・イラクに隣接しているものの、唯一安定した体制です。ただ、難民が大勢逃げ込んでいて大変。ここをどう支援していくか」

 「実は私には一つの構想があって、それで今回、これらの国を廻って来たんです。今は環太平洋が注目されている。TPPもそうです。だけれども環太平洋の国々もいずれ成熟する。その時に世界をリードする国はどこかと考えると、アフリカも含めた環インド洋の国々。それらの国々が世界経済の中で大きく成長するように、今から私たちも支援する必要があると思っています」

 「ミャンマー議員連盟会長としてミャンマーにも行って来ました。戦後、日本もずいぶんお世話になりましたが、経済成長の面で世界で今一番注目を集めています。今やっているのは日本の金融機関・メガバンクの支店を3行、正式に作ること。たぶん9月頃にはできると思います。その後はグルジアに日本特使として飛んで、シュワルナゼ元大統領の葬儀に。そして最後は日韓未来対話に出席。未来に向けて建設的な討論ができました。首脳同士も一日も早く率直に意見交換できるといいね、というのが結論でした」

 最後に選挙制度改革について聞いた。「いろいろ意見はありましたが、国会の最終盤で、第三者機関を作ることは決めました。今その有識者会議の人選を伊吹議長が進めていらっしゃいます。秋には本格的な議論に入ると思いますが、大変だと思います。衆議院は0増5減だけは法律で決めて違憲ではなくなりましたが、その他はまだばらばら。参議院も2つの県をひとつになど、憲法に関わる問題になりかねませんし・・・」

 サッカー好きの逢沢さん、今回もW杯を前にして対戦相手国のコートジボワール・ギリシア・コロンビアの大使館に呼びかけてフットサル対戦をして大いに盛り上がったという。「楽しい仲間とのフットサル、いいですね!今度はTBSチームと勝負しましょう!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:7月25日(金)23:00/7月26日(土)9:30/7月27日(日)0:30