今週の一筆
【画像】
【画像】

10月25日の放送

1強多弱と言われても自共対決国会を作る!

共産党 穀田恵二 国対委員長

対談を終えて

 今回のゲストは、共産党国対委員長の穀田恵二さん。ねじれ解消後初の国会をどう闘うか聞いたら、その認識が間違っていると言われてしまった。

 「与党はねじれ解消と言って、多数で勝手なことをやろうとしているが、とんでもない!国民との間はねじれている。汚染水、消費税増税、TPP、沖縄基地・・・世論調査をみれば、自民党の考え方は少数だ。国会は公約がどのように反映・実行されるかをチェックする場所。少なくとも共産党は軸がしっかりしているから、真正面から論争を挑み、自共対決国会を作りますよ!」

 どんな点を追及していくのか聞いた。
 「汚染水。海に流すな。どんなふうになっているのか現状をあきらかにせよ。原子力規制庁のでたらめさ。新規職員採用も福島のためではなくて、柏崎刈羽の再稼働のため!原災法によって軽減されている範囲でしか対応してないし、政府も責任を取ると言っているのに口だけ。ここを追及していきますよ」

 「消費税増税には元から反対。デフレ脱却のために増税? 逆じゃないですか。賃金があがらなければ消費は冷え込む。特別復興法人税だけ前倒し減税? それで賃金が上がる? 無理ですよ。ここ20年、法人税が下がっても賃金は上がらない。内部留保から賃金アップ分を出すべきですよ。消費税増税中止法案を出したいと思っています」

 「社会保障費に全部使う? そりゃ、その分、一般予算が浮くでしょうが、今の法律だとそれは国土強靱化等に回される。社会保障が充実するわけでもないし、逆に医療・介護・年金、どれもが減らされてくる」

 「特定秘密保護法案?『何が秘密か、それは秘密』という法案。公明党と協議して『国民の知る権利・報道・取材の自由、秘密を指定する協議会など入れた』と言ってますけど、長い間国会にいますから、笑っちゃいますよ。また同じ事やってるって。文言を入れただけで義務規定はない。担保されてないんです。戦前と同じですよ」

 参院選で11人に議員が増えたため、9年ぶりに法案提出権を得た。
 「公約の実現のためにブラック企業規制法案を出しました。ブラック企業による使い捨て、使いつぶしはひどい!特に若い人たち! 長時間労働、パワハラ。それらを無くすために残業時間の制限や採用者数・離職者数の公表をさせようというものです。自民や公明にも、この現状のひどさを認識している人は多いので、なんとか成立させたいと思っています」

 時間のあるときは、地元京都・仁和寺にある御室八十八ヶ所を巡るという穀田さん。「2時間くらいかなあ。ちょっと足をのばして金閣寺・竜安寺まで歩くこともあるけど、心が落ち着きますねえ」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:10月25日(金)23:00/10月26日(土)9:30/10月27日(日)0:30