今週の一筆
【画像】
【画像】

10月04日の放送

与党対野党ではなくて、是々非々で政策実現をしていくのが維新の会

日本維新の会 小沢鋭仁 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは日本維新の会幹事長代行・国対委員長の小沢鋭仁さん。まもなく開かれる国会に維新はどう対応するのか伺った。とはいえ、まずは堺市長選敗北の件から。

 「やはりショックでしたね。でも冷静に分析すると、ウチの候補は前回より票を増やしている。それに、相手が自民から共産まで揃っているケースでは勝てたことありませんから。ま、国会の勢力は変わりませんから、今度の国会ではじっくりやっていきますよ」

 予算委員会で真っ先に取り上げられるだろう消費税増税問題については、「安倍さんの会見みましたけど、割合評価してるんですよ。デフレ脱却という旗印の下、財政再建をきちんとやる方向性を示した。ただ経済政策がどんなものか、既得権益の自民党でできるのか、また社会保障への言及が少ないのが心配。法人税減税は必要です。軽減税率? 僕はネガティヴですね。非常に線引きが複雑になる。もっとも将来20%くらいになったら考えなければいけませんけど」

 「後は汚染水問題。これは一日も早く専門家集めて解決しなくちゃ。それに小泉さんの意見に僕は賛成なんです。維新はゆるやかに廃止ですが、スパッとやった方が後の展望が開ける!」

 公務員制度改革、定数是正問題等々、維新の方針をいろいろ伺ったが、一番追求したいのは国会改革だという。それだけに自公民3党だけで協議をスタートさせたことに不満を隠さない。

 「維新はすでに法案を出しています。でも国会改革の本質は議論し決めること立法府の責任で決め、その範囲で行政が動く、というのが本当の政治主導であり政治改革です!」

 まだ党として決めてはいないが、と言いつつ、日本版NSC設置や秘密情報保護法は賛成。集団的自衛権も同盟国のための武力行使は限定的に使える。憲法改正でも解釈改憲でもいい、と「公明党より与党的かな」とにやり。

 「そもそも与党対野党という枠組みがおかしい。国民の為に何ができるか、是々非々で政策実現をしていくのが維新なんです!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:10月4日(金)23:00/10月5日(土)9:30/10月6日(日)0:30