今週の一筆
【画像】
【画像】

02月08日の放送

TPPは選挙公約をもとにじっくり議論を!

自民党 衛藤征士郎 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、目下、TPP問題を審議中の自民党・外交経済連携調査会会長の衛藤征士郎さん。衆議院副議長も務めたベテランらしく、丁寧にTPP問題をひもといてくれた。

 「TPPの特徴は、環太平洋の参加諸国(目下11か国)の域内では聖域なく関税をゼロにして経済活動などを活発にしようというもの。しかし、例えば農業など海外の安い農産物が入ってくるのはいいが、食糧自給率はどうなるか? とか残留農薬・遺伝子組み換え食品は? とかいろいろ問題がでてくる。大体それ以前に、自民党は『聖域なき関税撤廃を掲げるTPPには参加しない』と公約にかかげて大勝利した。安倍首相はその議員たちに選ばれた代表だから、党員の意見に耳を傾けるのは当然。そのために今、我々は議論をしているのです」

 ただ、安倍政権は日米首脳会談を前に「聖域なき」関税撤廃ではなく「条件付き」なら参加するという方向に向いているように見えるが、と聞くと、「それならいいんです。WTOやFTAPなど、皆条件がついている。TPPの『聖域なき』がどの程度変わるのか、その条件で飲めるのかどうかを議論しようということです。これは前の政権が党内・政府意見がバラバラでつぶれた轍をふまないように、前もって条件を見て、議論を総理に報告、そして、最終的には何が一番国益にかなうかを見定めて、政府が決めるんです。でも基礎的なその条件がまだ出てこない。資料もない。これではとてもとても。13日にまた調査会を開きますが、まずは例外品目などの細かいことではなく、選挙公約の6項目の基準を確認し「指針」を作る予定です」。2月末に予定されている首相訪米までには参加する・しないという結論なんて出ないとのこと。

 衛藤さんといえば「一院制論者」。すでに昨年4月に二院制を定めた憲法42条改正と定数削減案を国会に出している。「諸外国では名目二院制でも実質一院制。英だって上院は貴族院で終身制。独は69人のみ。仏は選挙権は国会・地方議員のみ。両院は全く違う権能。しかし日本は全く対等!同じ事をやるから時間はかかるし、遅い。ネジレになるとなおさら。それに少子高齢化の中、議員定数は減らす必要がある。チェック機能? それは行政監視委員会の充実で十分対応できる」

 参院は当然反対するのでは? 「だから参院廃止ではなく、衆参統合!」。
 最後は憲法ですね? 「そう、だから憲法42条改正なんです。これも可能性が出てきましたよね。維新は賛成ですし、民主も海江田さん、前原さんに超党派の議員連盟に入ってもらっています。ま、ハードルは高いですが、とにかく国会を変えなければならない。国会が変わらなければ日本も変わらない!」

 今年の抱負はと聞いたら、即「病院船を作ること! 災害時多目的支援船ですよ。基本設計費を計上してくれればすぐにでも動き出しますから!」

 時間があったら山登りをしたいという衛藤さんは、日本山岳連盟の副会長を務めている。「ふるさとの大分県の山は全部登りましたよ。大自然と一心同体! 無心で登るんですね。九重連山のミヤマキリシマやドウダンツツジなんかきれいですよ!」とニッコリ。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:2月8日(金)23:00/2月9日(土)9:30/2月10日(日)0:30