今週の一筆
【画像】
【画像】

11月09日の放送

安倍政権になったら、まず日本経済再生の司令塔を官邸につくる!

自民党 茂木敏充 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは前自民党政調会長の茂木敏充さん。早速オバマ大統領再選について聞いた。

 「現職の強みでしょうね。ただ本来ならもっと差を付けても良かったのに、そうならなかったのはやはり経済問題。『財政の崖』と言われるように、このまま決裂すると経済成長は最大−4%に。そうなると日本は2兆円の影響が出ると言われている。ま、条件闘争になってそうはならないとは思いますけど、いずれにせよ大変。欧州の金融危機もまだ続くし、中国の経済も悪化してるし・・・稼いだものが下の方に全く回っていかない、格差どころか分断されているところが問題。でもオバマ大統領は、輸出で雇用を生み出そうというアジア重視政策を続けるだろうから、日本にとってはいいチャンス。市場としてアジアの富裕層を狙うのも当然だが、▽アジア基準を世界基準にするとか、▽ユーロのような共通通貨を作るのは無理としても、金融連携で一つのアジア経済圏を作るとか・・日本はアジアの一員としてスタープレイヤーにならねば。そうすることが、日米関係も強固なものにするんですよ」

 オバマ再選が決まり、日本にTPPへの参加を促すだろうけれど、しかし自民党は反対。どうするのか、と尋ねたら「外務副大臣として経済を担当していたんですけど、その時のポリシーは『バラバラにではなくスケジュール感を持って』ということ。だから親日のシンガポール、チリから始めましたよ。一足飛びにすべて関税ゼロ、というのは無理。ASEAN+3とかASEAN+6とか順番にやっていった方が経済効果も大きいし、TPP参加の時にももっとモノが言える。交渉力とはそんなものですよ」「それに、社会保障もまず自助、と同様に、安全保障もまず自助、やるべきことやってから交渉ですよ。鳩山政権が日米関係を壊したから足下みられて韓国・中国からやられている。いい機会だから日本のやるべきこと、アメリカのやるべきことを再定義したらいい!」

 党の日本経済再生本部事務総長の茂木さん。安倍内閣になったときは真っ先に官邸に「日本経済再生本部」をつくるという。
 「だって民主党政権は成長戦略を誰も作ってないでしょ。経済財政諮問会議も動かしてないし、国家戦略局だって結局作らなかった。自民党が政権とったら、▽物価目標を作り2%にする、▽IPS細胞の再生医療への応用などタネを実にする。予算・税・規制緩和を総動員して。それも集中の一方、各分野が協調して。政府の緊急経済対策?無理ですよ。心ある官僚は『あまりいいタマは出したくない。取っておく』と言ってますもの。経済再生の為には一日も早くお辞めになった方がいい、国のためを思えば。民主党議員はイヤでしょうけど。僕の選挙の旗印は『日本再生』です!」

 ジム通いはトレーナーを付ける本格派。「筋肉を付けてはダメなんです。ゴルフのスイング・スピードが遅くなるから。インナーマッスルをどうつけるか、をやってますよ」で、ゴルフは上達しましたか?「イヤ、これ以上スコアを悪くしないように、と通ってるんです!」とニコリ。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:11月9日(金)23:00/11月10日(土)9:30/11月11日(日)0:30