今週の一筆
【画像】
【画像】

07月06日の放送

今の民主は旧自民よりひどい官僚支配!

民主党 福島伸享 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは民主党の福島伸享さん。今回の採決で消費税増税関連法案に反対、子ども・年金関連法案には賛成して党員資格停止2か月の処分を受けた。

 何故、反対? と聞いたら、「そもそも財務省は財政再建のために税を上げたかった。でも橋本内閣の時に裏方として消費税増税にかかわったものとしては、効果がなかったことはよーくわかっている。ただ社会保障に関しては、成長は以前のようには見込めない一方、少子高齢化で社会保障の負担はますます大きくなる。その担保としての増税なら納得する。だから法案の名前も侃々諤々の議論をして、『社会保障と税の一体改革』関連法案とさせた。ところが財務省のものすごい根回しで、3党合意でできた修正案では社会保障部分が全くなくなってしまった。『国民会議』なんて作っても『国会議員が入るのを妨げない』なんて、国民の代表である国会議員は『妨げる人』と言ってるようなもの。これまでと同じく、官僚が都合のいい審議会を作った、ということですよ。歳入庁だってマニフェストに書いてあるのに、財務省の抵抗で骨抜き。今の民主は旧自民の官僚支配よりもっとひどい!」

 憤りはまだまだ続く。
 「決め方だってひどい。自公民の修正案ができたのなら、もう一度党に持ち帰って議論すべきなのに、前原政調会長は『一言一句修正しない。最終的には私の一存で決めます』。これじゃあ、北朝鮮の民主集中制と同じ。民主党はまず統治機構をきちんと作らなければ。ソフトをパソコンにいれておかないと、政策も実行できない!」

 離党した小沢グループ以外の「造反組」が集まって政策集団を作るそうだが、今後、離党もあり得る? ときいたら、「みんな悩んだ末に反対・賛成に分かれたんですよ。考えずに小沢さんに従う・執行部に従う、というのは政治家じゃないですよね。政権交代が目的だったらそれはもう終わってますよ。やはり、政権交代をして新しい政策を通すと言う基本で、これからきちんとこの党を立て直す努力をしていきたい。鳩山さんがいるので政局ととられますけど、まずは、悩んだ末に賛成した人も巻き込んで、一年生議員を中心に議論していきますよ」

 官僚時代、政府の原子力保安院作りにもかかわった福島さん、大飯原発再稼働の時の官邸をとりまいたデモに「時代が変わるんじゃないか」と思ったと言う。
 「小沢さんが『反原発』と言い出したけど、そんなきれいごとで票が集まると思ったら大間違い。東電前でも経産省前でもなく官邸前でデモをした、ということは、『あんないい加減な暫定安全基準を政治家だけで作って、再稼働させた官邸や政治家には命を預けられない』ということですよ。そこを自覚しなきゃ!」

 時間があるときは庭の池のカメをみているんだそうだ。「小さなミドリガメを買ってきて池に放したら、もう10センチ以上になったんですよ。日々成長してましてね。池からポコンと顔を出して、ゆっくり、ゆっくり泳いだり、歩いたりするのをみてるのが好き。いやされますね!」 

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:7月6日(金)23:00/7月7日(土)9:30/7月8日(日)0:30