今週の一筆
【画像】
【画像】

05月25日の放送

次世代に負担を先送りさせないためにも消費税法案を通すべき!

民主党 柴橋正直 衆議院議員

対談を終えて

 今週のゲストは民主党の1回生・柴橋正直さん。銀行勤務時代に地元の中小企業を回り、その実態を肌で感じて政治を志したというだけに、国会議員になった今は、中央で政策の議論をし、東京通勤ぐらいの覚悟で、地元で詳しい説明をする毎日だという。

 初出馬の会見で「次世代に負担を先送りしない政治を目指す」と宣言しただけに、今回の消費税増税法案については野田首相をしっかり支えて成立させたい、と言う。
 「もちろんムダ削減、行革、自分の身を切る、というのは大切です。現に今、行革チームの公益法人改革を担当してまして、議員立法目指してがんばってます。でも、私たち議員は対象範囲を広げたいが、関係省庁は狭めようとする。それを裁定するのが政務3役なんですが、どちらを向いているのか、と思うことも。この決断が『政治主導』なのに。早く決定権を持つようになりたいとつくづく思いますよ」

 財政再建と成長戦略、世界でもこの闘いだと思うが、と聞いたら「もちろん成長が大事。先日、菅さんの成長戦略が十分な効果を上げていなかった、という調査が出ましたけれど、あれも国家戦略本部と省庁の甘い評価ではダメ、と党の方で引き取ってヒアリングし、フォローアップしたんですよ。何故できなかったのかチェックしてそこを改めた成長戦略を描かなくちゃ。総理が替わるたびにナントカ本部ができて、それが次の総理になると店ざらしになる、の繰り返しでしたよ。だから、間もなく野田総理の日本再生戦略が出ますけど、そこはきっちりとスクラップ&ビルドをして作り上げますから、これまでとは違ったものになると思います。でもそのためには政権が安定しないと・・・」

 輿石幹事長をはじめ、消費税増税法案を先送りしたいような雰囲気だが、と聞くと「確かに党内の流れは先送り論が強いです。でも総理は『不退転の決意』と繰り返し言っています。そこは支えなきゃ。党内討論、閣議決定、法案提出と順を追って手続きを踏んできたんですから。小沢さんだって、国の行く末を決める大事な法案ですから、与党の一員として総理を支えるのが政治の常道じゃないですか?」

 最後に橋下大阪市長の評価を聞いたら「発信力はすごいです。でも大阪市長として市が抱えている生活保護問題とか関西圏の電力問題をきちんとして、その上で国政に提案して欲しいですね」

 目下の趣味はマラソン。去年から始めたそうだが、先日も岐阜国体にあわせた高橋尚子さん主催のハーフマラソンに参加。そのためにも休日は長良川のほとりを10キロくらい走るようにしているとのこと。

 「国政のことを整理して考えたり、リラックスしたり・・・いいですよね〜。記録ですか? 今回は9000人中4000番くらいかなあ。一日も早くフルマラソンを走りたいな〜」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:5月25日(金)23:00/5月26日(土)9:30/5月27日(日)0:30