今週の一筆
【画像】
【画像】

04月27日の放送

消費税増税、子育て支援にも使います!

民主党 泉健太 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは民主党・国対副委員長の泉健太さん。衆院財務金融委員会の理事でもあるということなので、まずAIJ問題について聞いた。

 先日の初めての証人喚問経験については、「大きな疑獄事件の証人喚問などとは違って、民間相手だからなかなか難しかった。本人たちも偽証罪に問われたくないから『資料がない』とか、『質問内容が理解できない』とか逃げまくったし。それで逃げられる、という弁護士の入れ知恵かもしれないけれど、証人喚問の在り方も考えた方がいいかもしれない」

 「でも、いろいろな問題点が浮かび上がったのは確か。いちAIJだけでなく、同様な年金運用にからむ投資顧問会社の問題は沢山ある。だいたい予定利率5.5%なんて今時運用できると思いますか? 一方ではそれをもとに配当を続けている。今の時代、それは、はなから無理だと言うことは誰でもわかる。今回、民主党の中でワーキングチーム作って中間報告を出したけど、厚生年金基金制度そのものを廃止した方がいい。もちろん、受給者への影響は最小限にしなければならないですけど。それに天下り問題、金融庁の監督責任とかいろいろ出てきた。ここもきちんとしないと。中間報告で問題点出そろったので、あとは具体的な対応策を出すだけです」

 ずっと社会保障問題をテ−マにしてきた泉さん、いよいよ連休明けから審議が始まる「社会保障と税の一体改革について、「単なる増税法案」という批判に反論する。

 「全部、社会保障の為に使うんです。現行の社会保障費を維持するためにまず使います。残り1%をこれまで目が向けられなかった子ども・子育て・格差対策などに使います。民主党の主張する「社会がこどもを育てる」というのは、社会が個々の子育てをサポートする、という意味で自民党の言う家族という単位を破壊する、というのは全く間違いです。晩婚化、晩産化をくいとめる為にも、この支援は絶対必要です。幼保一元化だって、小学校に上がればみんな同じなんですから、長時間預かって欲しい、幼児教育もして欲しい、という両方を満たすことはできるはずですよ。この議論も長いことかかりましたけどね」

 小沢判決を受けて法案の行方が混沌としてきたが、と聞くと、「政治家は誰しも消費税増税なんて言いたくはありませんよ。でも必要なんです。その前にすることがあるだろう、と言われるけど、では何をどうすればいいか、具体的に提言して、それを実行するくらいのことしないと。ただ、反対反対では・・・」

 時間があったらやりたいことは? ときいたら、「子どもと遊びたい!入園式にも行けなかったし、キャッチボールもしたいし・・・」。7歳・5歳・3歳と三人のお子さんのパパだが、地元の京都に帰る機会がほとんど無く、あっても地元活動でつぶれるという。「鬼ごっこやどろんこ遊びを一緒に、と言われるんですけどね。でもこの連休には短期間でも休みを取って遊びます!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:4月27日(金)23:00/4月28日(土)9:30/4月29日(日)0:30