今週の一筆
【画像】
【画像】

04月20日の放送

「孤育」にならないように社会が「親学」で手助けを!

自民党 下村博文 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは元官房副長官・文科政務官で自民党のシャドウキャビネット・文科大臣の下村博文さん。このほど安倍元首相を会長に「親学推進議員連盟」を民主党の鈴木寛元文科副大臣等とともに超党派でスタートさせた。そこで、事務局長の下村さんに話を伺おうと思った次第。ところが、石原都知事の尖閣列島購入問題が持ち上がったので、まずその話題から。

 「この間、尖閣問題について国会質問をしたばかりなんですよ。中国は、尖閣諸島を『中国の核心的利益』と位置付け、南シナ海の島々と同様に奪取しようとしている。そうならないために、まず『委員会として尖閣に上陸視察をすべき』と再度提案。また『「尖閣に自衛隊員を常駐させたらどうか』とも提案したんです。が、ミサイル発射問題で官房長官も防衛大臣も副大臣も国交大臣も来られず、答弁も気の抜けたビールみたいになってしまったんですよ。尖閣をどう守るか、国の姿勢を質したんですが、気概も決断も、今の政府にはない。だから今回、地主の方が石原都知事なら売る、というのはよくわかります。中国も買いに来たといいますし、自民党が政権を奪回したなら売る、と言っていらしたという話も聞いていました」

 なぜ、今「親学」を? とうかがったら、「伊勢神宮って20年ごとに建て替えるでしょう? それで技術が伝えられていく。ところが今の親は核家族の子ども達だから、親としての心構えや、やり方がわからない。ひとりぼっちで子どもを育てなければならない。「孤育」ですよね。だから子どもの虐待までいってしまう。人に愛されたことのない人が人を愛せますか? 昔は家族や周りの人がみんなで手助けをして子どもの育て方を教えたもんですよ。それを今、我々がやろうとしているんです。教育基本法見直しの時に『家庭教育』の一項を入れようと思ったら、民主党に政治が家庭まで縛るのか、といわれて入れられませんでしたけど、家庭教育、学校教育、社会教育の3本柱が必要なんですよね」

 橋下大阪市長の教育関係の考え方は下村さん達の考え方と似ているが、と聞いたら「安倍総理の下での教育再生会議の考え方と8〜9割、一緒です。橋下さんもこれを参考にした、と言ってましたよ」

 最後に、総裁選があったらまた安倍さんを推すか? と聞いたら、「もちろん!これから輪を広げますよ!」

 時間があったら、大自然の山の中に籠もって、たまっている本をじっくりと読みたいと言う。「宗教関係、政治関係等々いろんな本がツン読になってますけど、ボリュームのある本がなかなか読めないんですよ。それを時間をかけて読みたいですよね」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:4月20日(金)23:00/4月21日(土)9:30/4月22日(日)0:30