今週の一筆
【画像】
【画像】

04月06日の放送

民主党は今、消費税・原発・TPPのみ。外交問題は?

民主党 首藤信彦 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは衆院テロ対策等特別委員長の民主党・首藤信彦さん。今の民主党の状況についてまず、うかがったら、「とにかく今は、消費税・原発・TPP、その3大テ−マの議論だけ。内向きな議論ばかりで外交への関心なんてありませんよ。外務委員会も開かれないから、ボクのところのテロ特も開けないし。イラン・北朝鮮・中国とアメリカ・・・問題が山積しているのに・・・」

 イランに鳩山さんが行くという件については「戦後まもなく、イランと英国が石油国有化を巡って紛争中に、出光興産が英国政府の横やりにもかかわらず、日章丸で命がけで日本に石油を運んできた。それを祖父の鳩山一郎さんがバックアップした。それにひきずられているんでしょうね。でも今回は行ったところで、どんな結果が出るのか。マルチトラックな外交が必要なのは確か。でもそれぞれがきちんと結果を出さなきゃ」

 日本は世界の実情を知らなさすぎる、と言う。
 「中国が脅威だと言うが、日本では、すぐ尖閣諸島だとか第二列島線だとか、空母だとかと言う話になる。さもなければ商売の話。でも中国の実情は? 今、中国は内モンゴル、キルギス、カザフ等の内陸の方へ力を入れている。その実情を日本は把握しているのか? 米国だって拡大競争はブッシュのイラク侵攻まで。TPPの調査でアメリカに行ったけど、今やモンロー主義が復活。自由貿易反対の人が7割もいるんですよ。そんな実情を野田政権は知ってますか? アラブの春をどうとらえるかなんて考えたこともないんじゃないですか? 北朝鮮だって日本のことを非常によく勉強してますよ。ミサイルか人工衛星かって言ってますけど、日本はPAC3配備とか、ミサイルのケースしか対応していない。これが本当に人工衛星だったら、日本の衛星事業はどうなるか、核実験をやりたがっているときに日本の核技術をどう保全するか、まで考えておくべきですよ」

 TPP問題についてはこの1年半、反対の旗を振り続けてきただけに、野田政権のやり方には我慢がならない様子。
 「TPPは『農業を守れ』なんて問題ではない。これは貿易の自由化ではなく制度の自由化なんですよ。アメリカは自国の制度を最終的に押しつけようとしている。APECの前に、インドネシアの人が『菅さんにTPP参加を言わせないでくれ』と言ってきましたよ。あそこは島国だからそれぞれのところで商習慣が違う。それをひとつになんてとてもできないから。今、それがわかってきて、農水省だけでなく、他の省庁や旗振り役の経産省まで反対の声が強くなってきましたよ。閣議決定はしたけれどもそう簡単にできないですよ。私は今後も反対を言い続けます!」

 昔、NPO「アフリカ平和再建委員会」の代表もつとめただけに、時間ができれば、またこういう活動をするため世界を回りたいという。「でもね、テロ特委員長だから絶対外に出ちゃいけないといわれるんですよ。今回のミャンマーの選挙監視にも行きたかったのに、残念!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:4月6日(金)23:00/4月7日(土)9:30/4月8日(日)0:30