今週の一筆
【画像】
【画像】

11月26日の放送

幼保一体化・待機児童ゼロ問題 サービスを受ける側からの発想で

民主党 泉健太 衆議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、前内閣府大臣政務官の泉健太さん。防災担当でもあっただけに、今回の北朝鮮砲撃問題については「他人事でない」、と言う。「素早い情報の収集、対応は当然。一丸となって当たらねば」

 今回の再事業仕分けには批判もいろいろ出たが、おかしい、と反論。「要は、目的は良いけれど、それに至るプロセスが不透明だったり非効率だったりするのを仕分けするのが我々の仕事。それを『目的が良いから』とか『閣議決定しているから』と看板を掛け替えてまた同じように出してくる。例えば学校給食の牛乳。子ども達の健康に良いのはわかっているが、実は『牛乳生産の調整のために』という文言が入っていた。それで『趣旨が違う。その趣旨で別に予算獲得を考えればいい』という仕分けになった。ムダを省く、という本来の趣旨を政務三役が理解しないで反論するのは残念!税金の使われ方をオープンにするためにも今後も続けた方がいいと思う」

 目下取り組んでいるのは幼保一体化と待機児童ゼロ問題。戦後すぐに『なぜ幼稚園と保育園は別?』という問題提起がなされながら、両方の団体が同席したのは今回が初めてだとか。でも、子育ての環境が大きく変わってきた今、サービスを受ける子どもの側からいえば、一定の水準の保育・教育を受けられるのは当然の権利だからしっかりとやっていきたいという。それよりも短期的には待機児童問題を早く解決しなければ、と意欲をみせる。保育ママやマンションでの保育室のように子ども達の環境を十分考えつつ規制を緩和していくことを考えているとのこと。「でもワークライフバランス。母親だけでなく、父親や社会全体で子ども達をみる、という意識が大切ですよ」

 趣味は?ときいたら「谷垣さんじゃないけど自転車・サイクリングが好きなんです。地元の京都中をまわったりして。自然に触れ合えますもんね。でも議員になってからは全くだめで、マウンテンバイクが自宅でほこりをかぶってますよ」と残念そう。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:11月26日(金)23:00/11月27日(土)9:30/11月28日(日)0:30