今週の一筆
【画像】
【画像】

07月16日の放送

民主惨敗の結果は民主離れと自民離れ。そして年配者の反乱

岩井奉信 日大教授

対談を終えて

 参院選は自民惨敗で終わったが、今回は日大教授の岩井奉信氏に分析と今後の見通しをうかがった。

「毎日支持率が下がり続けていたので民主は50はいかないと思っていたが、これほど落ちるとは思っていなかった。最後に突風が吹いた、という感じ。その原因は菅首相の消費税発言だけでなく、それまでの“小鳩政権”のつけが大きい。菅さんに変わってもやはり同じじゃないか、ということ。去年のあれだけの期待に応えられなかった、ということで民主離れが起こり、あいかわらずダメということで自民離れが起こった。そしてその分がそっくり、みんなの党に行った。もう一つは1人区で惨敗したのが全体を引っ張ったのだが、その原因は地方のお年寄りの反乱。3年前の参院選では年金・後期高齢者問題などで自民から民主にシフト。しかしこの間、暮らしもちっとも良くならず、先行き不安のまま、ということで民主から離れた。消費税そのものの問題ではなく、その説明の仕方が足を引っ張った」と総括してくれた。

 「ただ比例が変わらず民主が多い、ということはまだ期待感が残っているということ。だから今後の国会運営は立ち往生する可能性が強いけれど、でも有権者がネジレを選んだわけだから、もう少し辛抱強く待つ必要もあるのでは」とも。

 それにしても繰り返される参院優位の体制はどうにかしなければ、と憂う。「参院を党議拘束をはずして議論のできる良識の府にするとか、参院と衆院と似通った選挙制度でいいのかとか、定数はどうするのかとか、ちょうどいい機会だから真剣に制度変更を考えるべき」と締めくくってくれた。

 岩井教授と言えば有名な“乗り鉄”ちゃん!今日もJR東日本の試験車両「イーストアイ」のピンバッジをつけて登場。「まもなく京成で走る『成田スカイアクセス』に乗るのが楽しみ」と笑顔になった。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:7月16日(金)23:00/7月17日(土)9:30/7月18日(日)0:30